2014年09月18日

気になる記事:手洗い石鹸でも体内に入る”トリクロサン”



まずは記事から・・・。


------------------------------------------
米国カリフォルニア大学サンフランシスコ校の
研究チームは8月19日、ホルモンかく乱物質と
されるトリクロサン入りの手洗い石鹸が人体に
影響するとした調査結果を公表した。詳細は
「Journal of Occupational and Environmental
Medicine」8月号に掲載されている。


今回に調査では、抗菌石鹸(トリクロサン0.3%
含有)を使用している病院と、使用していない
病院の比較を実施した。抗菌石鹸を使用している
病院スタッフの尿からは、使用していない病院
スタッフよりはるかに高いレベルのトリクロサン
が検出された。中でも、トリクロサン入りの
歯磨き(市販品)を使用している人からは特に
高い濃度で検出されていた。



研究者らは、トリクロサンが知らない間に
体内に吸収されていることを懸念、注意を
促している。また、手の殺菌には「普通の
せっけんと水」で十分な効果が得られる
ともしている。・・・・・

引用:美容経済新聞
http://bhn.jp/news/28460
----------------------------------------






トリクロサンについての記事はネットで
ちょくちょく見たことがあったが、改めて
考えてみるとこのような「疑惑」がある
時点で使用を辞めたほうが無難かな
、と
思う。どんな成分でもそうだが、「後から
問題が分かる」ということは意外に多い。
日本ではまだ禁止になっていないが、
米ミネソタ州では使用禁止の法律が成立
しているようだし、念には念をいれて
辞めたほうが良さそうだ。


というわけで我が家ではトリクロサンが
入っているハンドソープ、石鹸の使用を
辞めた。
といっても子供だけだけど。
まだまだトリクロサン入りの製品が
家にはたくさんあるので、捨てるのは
さすがにもったいないから私は使う。
でも子供は辞めておこう、と。


しかしこのトリクロサン、結構色んな
ところに使われていてビックリ。
歯磨きにも入っているのがありますね。
手洗いは普通の石鹸で十分だそう。
何でもかんでも「殺菌」がいいとは
限らない、ということかもしれませんね。




posted by ごくう at 22:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | 情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック