2014年06月21日

気になる記事:恐怖指数が極限まで低下している恐怖!「オオカミは近くに来ている」と再度宣言!



やっぱりそうだよなという記事。
VIX指数がとにかく低くなっている。
VIX指数が10を割るあたりが限界という
のが通説らしいが、これからどうなって
いくのか。私はVIX指数↑になり、円高
に動く、という流れを予想しているのだが。
----------------------------------------
■米ドル/円続落、ユーロ/円下げ渋りの理由とは?

ドルインデックスの下落とリンクした形で、
米ドル/円も続落している。半面、ユーロ/米ドル
はリバウンドを展開して底割れをいったん回避し、
それがユーロ/円の下げ渋りにつながった。

前回のコラムで指摘していたように、円高を
牽引する通貨ペアが、再び米ドル/円に帰する
のも自然な値動きだ。

テクニカルの視点では、ドルインデックスの
続落はもっともわかりやすい。たびたび指摘
してきたように、6月5日(木)の日足は、
典型的な「フェイクセットアップ」という
プライスアクションを示していたので、いっ
たん調整、すなわち反落を避けられなかった。

足元では、ドルインデックスが再度6月6日(金)
安値を下回り、調整波の進行が一段と鮮明に
なっている。

引用:ダイモンドザイ
http://on-msn.com/1itg6yy



posted by ごくう at 14:16 | Comment(0) | TrackBack(0) | 情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック