2014年06月15日

良い記事:「転職しよう」と考えると転職に失敗する



就職でも転職でも、はたまた結婚も
そうかもしれないが、「それ自体」が
目的化してしまうのたいていロクな
ことがない。


ここでいう「転職」だと、「転職」
自体が目的化してしまう、という
ことだ。そうなると「転職」が最終
地点となってしまい、それ以上の
ものが考えられなくなりがちだ。


就職にしても同じだろう。
「この会社に入りたい」ではなくて、
「こういうことをしたいからこの
会社で仕事をしたい」
にならないと、
その職場で良い仕事はできないと思う。


ただ、私自身「就職超氷河期」を
経験しているので、どうしても
「○○という会社に入りたい」と
いうことだけで会社を選んでしまう
気持ちも分からなくはない。焦って
しまってどうしてもそういう目先の
ことに神経が集中してしまうので
ある。


だから就職・転職・結婚などはその
先までイメージできるかできないか、
そこまで考えていかないと良い結果
は出ないと思う。






「転職しようかな・・・」
などと言っている人に出会うことは
珍しくない。しかし、そういう人に
出会うとこう言いたくなる。


「転職したいんじゃなくて、今の仕事
辞めたいんだろ?」



ほとんどの場合、これが正解だ。
現状に不満があって、違う環境を求めて
いるということだ。だったら、素直に
「辞めたい」と考えた方が良い。
素直に「辞めたい」と考えると、辞めた
後の生活費はどうしようか、いっその
こと独立しようか、などと具体的な問題
や策が見えてくる。しかし、「転職しよう」
と考えると、この会社に入れたら良いな、
こんな仕事できたら良いな、など根拠の
ない期待感のみに支配されて、転職活動
どころか現状のあらゆることに身が入ら
なくなる。
・・・・・


引用:転職活動プロ
http://bit.ly/1qh8m57

タグ:就職 転職
posted by ごくう at 21:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック