2014年06月12日

ためになる記事:米エバーノートCEOもうなる女子高生「ITのチカラ」



この記事を読んで「これこそ真の
「生きる力」だ!」
と思わず唸って
しまいました。とても良い記事
なのでご紹介。


-----------------------------------------------
現代版の「読み書きそろばん」は
タブレットと起業論――? 
国内でインターネットが普及して
きたころに産声をあげた世代が
ちょうど高校生になった今、教育
現場はどう変化しているのだろうか。
スマートフォン(スマホ)禁止令を
敷く学校がある一方、積極的にIT
(情報技術)機器に触れさせることに
解を見いだす学校もある。都内の
ある女子高校に取材すると、まったく
新しい風景が見えてきた。


■JK発案の新機能、トップが試作を指示


中高一貫の女子校を運営する私立の
品川女子学院(東京・品川)。
品川駅近くの高層ビル群を望む都心に
校舎を構え、約90年の歴史がある
伝統校だ。


5月下旬、高校2年生約100人が講堂に
集まった。そわそわする女子高生たち。
そこに現れたTシャツ・ジーンズ姿の
大柄な男性に、会場から黄色い歓声が
湧き上がった。


「フィルー!」「かわいい」――。
壇上に登場したのは米シリコンバレーに
本拠を置く大手クラウドサービス、エバー
ノート社のフィル・リービン最高経営責任者
(CEO)。世界のユーザー数が1億人を
超えたというエバーノートは、集まった
女子高生にとってもなじみのサービス。
そのIT企業のトップの講演に彼女たちは
興味津々で耳を傾けた。・・・・・・


引用:日本経済新聞
http://s.nikkei.com/1lhZ1GX
-----------------------------------------------




この記事によると、品川女子学院ではIT
の活用はもちろん、文化祭では疑似的な
株式会社を設立して株券も発行するという。
しかも「社長」や「取締役」まで選任し、
起業体験を行うという。


これ以上ない生きた勉強ではないでしょうか。


座学で歴史や数学も大事ですが、こうした
リアリティのある経験を社会人になる前に
しておくと、間違いなく「生きる力」に
なるでしょう。そしてここで培った起業
マインドの本質は以下の通りだ。


-------------(引用)-------------------------
漆校長は言う。起業マインドとは必ずしも
会社を興すことを指すのではなく、社会に
出たときに責任ある大人として周囲のため
に振る舞えるかの素養である、と。


「道の真ん中に大きな丸太が転がっていたと
して、不平や文句を言うだけではダメ。
危ないから丸太を切ろう、力を合わせて移動
しよう、というように周囲を巻き込んで課題
を解決していける大人になれるかどうかが
問われている」

----------------------------------------------




リーダーの経験が大事なのは、リーダーに
なるためではなく、リーダーの気持ちが
分かるからだ・・・。


これと同じで依存心にどっぷり浸かった駄目
な社会人にならないためには、こうした起業
マインドが絶対に必要でしょう。ここで学んで
いる生徒たちは間違いなく良い勉強をしている
と私は思います。




posted by ごくう at 21:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | 「生きる力」日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック