2014年05月29日

気になる記事:日本国債の「ババ抜き」は、銀行の新規制がきっかけになる


私の尊敬する人で内藤忍氏という方がいます。
投資(マネー)についての知識はもちろん、
それ以外の人生論や仕事の考え方がとても
参考になるので、ちょくちょく記事を拝見
しています。

さて、氏のブログで気になる記事を見つけ
ました。私は基本的に日本国債は暴落せざる
をえないと考える人間ですが(というか
ここまで来たら普通はそう考えるでしょう)
やはり氏も来るべき有事には備えておく
べきと本ブログの中でも書いています。

是非ご参考に・・・。





-----------------------------------------
4月に発売した新刊「究極の海外不動産
投資」の広告が本日の日経新聞に掲載
されています。その同じ朝刊の3面に、
気になる記事が掲載されていました。

「2020年ごろをメドに導入する新たな
国際金融規制で、自国政府が発行する
国債を保有する銀行に自己資本を積む
よう求める案が浮上している」という
報道です。

ギリシアの債務危機をきっかけに、国が
発行する債券(国債)もリスクがあるの
ではないかということで、それに見合った
資本が必要になるというのが新しい規制の
ロジックです。・・・・・

引用:内藤忍の公式ブログ
http://www.shinoby.net/2014/05/post-3208.html

posted by ごくう at 00:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | 情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック