2014年04月24日

脱力系貯蓄術:「単なる寂しがり屋」の人とは距離を置こう



30代で1000万円貯まる!
セコセコしない「脱力系貯蓄術」


あなたは会社の人と仕事帰りによく食事に
行ったり飲みに行ったりしますか?


私は以前、会社の人とよく食事に行ったり
飲みに行ったりしました。
特に20代の頃はもう毎日と言っても
いいくらいに先輩と一緒に夕飯を食べに
行ったものです。


しかし今はそのようなことはしていません。


それはそのような人たちが「一緒に食事を
楽しむ」のではなく、「単なる寂しがり屋」
なのだということに気付いたからです。


この「単なる寂しがり屋」ほど厄介な人は
いません。相手のお金・時間などおかまいなしで、
「自分の寂しさを埋めてくれればそれでいい」
という神経だからです。





例えば食事相手の人に恋人がいて、それで
今度恋人とデートをするからお金をセーブ
している、とか、家族にプレゼントを贈る
から貯金をしている、とか、自分を磨く
ためにスクールに行きたいからそのため
の貯蓄をしている、とか、そんなこと一切
考えません。

あくまで「自分が中心」で、しかも「自分
が寂しくなければそれでいい」という人が
少なからずいるのです。


こういう人と一緒にいると、どんどんお金を
使ってしまうようになります。
「これからごはん食べに行こうよ。え?金が
ない?じゃあ今回はオレがおごるからさ。」
なんて言われると、一見いい人に思えて
しまいますが、こういうことが頻繁にあると
いう人は、それだけ外食などが多くなり、
しかも「お金を使うことで繋がっている」
ような関係にしかならないため、何もいい
ことはないのです。


このような人たちとは距離を置くことが大事
です。食事に行ったりしてもそれほど重要な
情報は得られないでしょう。だったら行かない
ほうが良いのです。
それよりも自分のこと、家族のこと、将来の
ことにお金を使いましょう。そのために貯めて
いきましょう。そのほうがお金も喜ぶという
ものです。



「単なる寂しがり屋」でない人、つまり
程よい大人の距離感で付き合える人とは
むしろ積極的に交流しましょう。

こういう人たちは相手を思いやることが
できる人です、無駄なお金を使うこともなく
有益な情報を交換できますし、嫌なお酒に
なることもまずありません。




posted by ごくう at 22:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | 脱力系貯蓄術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック