2014年01月13日

「楽天証券 新春講演会」に行く。そろそろ手じまいの時期?


本日は毎年恒例の「楽天証券 新春講演会」
に行ってきました。みなとみらいのパシフィコ
横浜で毎年行われるのですが、場所も我が家から
近いのでとてもGOOD。この講演会には毎年
参加しているのです。


さて2014年のこの講演会で気になったことがひとつ。

それは・・・・、

「今年の参加人数が異常に多い」

ということです。


例年、一応「抽選で3000人をご招待」という
形になっていますが、今までハズレたことが一度も
無く、会場に行ってみてもかなり空席があって席は
だいたい選び放題。実際には「1000人程度かな」
というのが例年の風景なのです。


ところが、今年はいつもとまったく風景が違って
いました。10時頃着いたのですが、ほぼ満席です。
毎年、2F・3Fフロアにはほとんど人がおらず、
私も一度もこのフロアには行ったことが無かった
のですが、今年は2F・3Fに行かざるをえない
くらい席が埋まっていました。もしかすると本当
に3000人くらいいたのかもしれません。
とにかくこの講演会にこれだけの人がいたのは
初めてです。



私はこの風景を見て感じました。

「そろそろ投信などの利益を確定させたほうがいいな」


いままで1000人程度の講演会がいきなり3000人
になったのです。いくらアベノミクスとはいえ、だいぶ
過熱気味です。これだけ過熱しているということは、
ぼちぼち一相場終わるころかな、と。


ドル円のエリオット波動でもこの前の105.44円あたりで
第5波が完成されていますし、それに大納会が年初来
高値、大発会が安値スタートというのもバブル崩壊時
のようで不気味。そして何より、いよいよ中国の
不動産バブルが破裂しそうでアヤシイ。
また先週のアメリカの雇用統計の結果も(エリオット
波動通り)やや円高になってきました。
これも何だか臭うな・・・。


ということで、利益が出ている投信は3銘柄ほど売りに
出しました。

というか、正確には先週の金曜のお昼休みに売り注文を
していました。もうぼちぼちかな、と思っていたので。
それが今日の「楽天証券 新春講演会」の参加者の
多さを見て「過熱しすぎ」を確信しただけのことです。


まあどうなるのか・・・。今年は本当に荒れる相場に
なるような気がしてなりません。
posted by ごくう at 22:27 | Comment(0) | TrackBack(0) | FX | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック