2013年08月18日

来週のドル円予想(8/19〜23)

今週(8/12〜16)の予想は95.0〜98.5円
でしたが、上はまさに98.64円でほぼ的中でした。
しかし13日に「安倍晋三首相が法人税の実効税率の
引き下げを検討するよう関係者に指示したことが
わかった」という報道から思ったより円高が進まず、
下は95円台には行きましたが(95.92円)、長く続く
ことはありませんでした。

結局この「法人税法人税の実効税率の引き下げ」の
指示は無かった、ということで再び円高に動きました。
私はこの報道は単なる「15日に向けた(一時的な)円高
防止」のための報道だと感じました。為替操作のようで
はっきり言ってかなり不愉快に感じます。(個人的に
は損をしていないのでいいですが。)こういうセコい
やり方はいかがなものでしょう?


さて来週のドル円予想ですが、ドル円ショートの
ポジションもそろそろ終わりに近づいてきたな、という
週になりそうです。この最後かもしれない円高の動き
で小さくともしっかり稼ぎ、8月末以降はロングで
手堅く行く戦略を立てていますが、来週の動き次第で
はまた違った戦略になるかもしれません。

来週の予想は94.8円〜99.0円です。

この根拠は以下の通りです。

1.米国量的緩和の段階的縮小・解除
(ターピング)の思惑

http://lounge.monex.co.jp/pro/gaikokukawase/2013/08/14.html
(引用:田嶋智太郎の外国為替攻略法)

やや円安に動くこともあり得る?
ただ9月開始はすでにある程度折りこみ済みか?


2.米国連邦準備理事会(FRB)による資産購入
プログラム縮小のタイミング、次期FRB議長
候補、中東・北アフリカの地政学的リスク、
などを受けた、米国のトリプル安懸念を
警戒する展開

http://www.zaikei.co.jp/article/20130817/146332.html
(引用:財経新聞)

思わぬことで一時的な円高になる可能性が。
そこはロングのチャンスかも。


3.USD/JPYは8月23日前後に反転する?!
― ただし、大きな上昇は見込み薄

http://kabool.livedoor.biz/archives/51901918.html#more
(引用:カブール投資日記)

エリオット波動では来週末に円高の可能性が。


4.ドル円と連動性が高い日経平均が三役陰転、
来週もつられて円高傾向になる?

http://www.sc.mufg.jp/report/mt_report/pdf/elliott130816.pdf
(引用:テクニカル分析:宮田直彦)


来週は以上のようなことからやや円高気味に推移する
と予想します。
しかしこの円高の流れもそろそろ終わりに近づいてきた
感じがしています(エリオット波動などから)。

そろそろロングで行く準備をしていきたいと思います。
が、ヒンデンブルグ・オーメンの可能性も否定できない
チャートが出ているので、あまりリスクを抱えないよう
に小さめに行くことが安全かと思っています。
posted by ごくう at 10:49 | Comment(0) | TrackBack(0) | FX | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック