2013年08月03日

来週のドル円予想(8/5〜9)

今週は8月2日の7月米雇用統計で「ジブリの法則」
と言われるとおりか、ここは円高になりました。
しかし円高といっても98円後半でサポートされ、
再び99円前半→98円後半に戻っています。

今週の前半のFOMC、第2・四半期の米GDP
では数字が良かったことから円安に動いて勢いが付いた
にもかかわらず、結局100円台には届きませんでした。
やはりここにポイントがあると思っています。
つまりまだまだ円高づいている、と。

よって来週(8/5〜9)も引き続き「円高気味」の
傾向が続き、円安になったとしても100円程度まで、
96円あたりになる可能性もある、
と予想します。
この予想の根拠は以下の通りです。


1.しばらく大型トライアングル内の推移
----------------------------------------------
ドルインデックスは底打ちの可能性大だが、
米ドル/円はなお下落余地が大きい!
http://zai.money.jp.msn.com/articles/-/15454
(引用:陳満咲杜のマーケットをズバリ裏読み)
----------------------------------------------

2.今後の雇用統計が20万人を大きく越える数字が
続かなければ、FRBはQE3縮小開始を年末まで見送る
と予想

----------------------------------------------
雇用統計直前予想〜雇用回復は続いても、
QE3 縮小開始は先送りか〜
http://www.monex.co.jp/Etc/00000000/guest/G903/sihyo/index.htm?num=0
(引用: 米経済の「今」を読む -経済指標動向
マネックス証券)
----------------------------------------------

3.雇用関係が思いのほか悪い
----------------------------------------------
米7月雇用統計 主要数字 雇用者数は前回値は
下方修正多い 労働時間減少
http://www.gci-klug.jp/fxnews/detail.php?id=191988
(引用:クルーク)
----------------------------------------------

4.積み上がったドル円のショートの調整
----------------------------------------------
ドル/円の通貨先物ポジション推移
http://zai.diamond.jp/list/fxmarket/imm
----------------------------------------------
posted by ごくう at 17:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | FX | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック