2013年07月21日

仕事は本業だけでいい?

大学を卒業して23歳からサラリーマンを
やってかれこれ15年。15年といえば
結構な年数だが、未だにサラリーマンで
やっていくのが自分にとって良い道なのか
悩むことがある。特に40歳に近づいて
きている今、よく思うのだ、「このままで
いいのか」
、と。

自分が勤める零細企業でも、はたまた
一部上場企業のような大企業でも、いわ
ゆる「会社員(サラリーマン)」で
年収1000万円になるのなんて、
なかなかなれないし、なったとしても
50歳以降ということが多いだろう。
「会社」という組織に入ったら、年収が
1000万円超えるというのはかなりの
勝ち組ということになる。もちろん企業
によって年収の基準は変わるが。

だが、自分で起業すればどんなに小さな
会社でも年収1000万円というのは
意外と届きそうなところだ。「起業」という
と会社員と比べてリスクはかなり高そう
だが、それでもやってみる価値はあるのか
もしれないとつくづく思う。


というのも、自分の親が自営業だったから
かもしれない。家族2人(父と母)で切り
盛りしていたような、典型的な個人商店
だったが、それでも年収は2人で2000万円
近くあったのを知ってしまっているのだ。

とはいってもその年収はあくまで「良い時」の
話で、今はほとんど開店休業状態だから、年収
は2人で100万円も無いかもしれない。
ただ「良い時」に思い切り稼いでおけば、
「悪い時」になっても貯蓄などで何とか
やっていけると思う、お金のマネジメント
さえしっかりしていれば。


まあお金(年収)の話になってしまったが、
一番良いと思うのはとにかく「自分の好き
(得意)なことで稼ぐこと」
なのかもしれ
ない。自分が若い時は「好きなこと」を
仕事にしてしまうと(自分の性格からして)
公私が無くなってしまいそうでイヤだった
ので、敢えて「好きなことは仕事にしない」
と思っていたが、最近になって「やはり
好きなことで稼ぐのが一番なのではないか」
と思うようになった。好きでないとどうして
もモチベーションが続かないのかもしれない。


しかし37歳の今になって「やっぱりこっち
の仕事で飯を食うか」と思っても、そんなに
簡単にいかないのは明らか。転職を2回ほど
している自分でもさすがに今からの転職は
難しいかも、と思う、体力的にもメンタル的
にも。転職するとしてもダウン的な転職しか
なさそうにも思えるし。


今の会社が不満でも満足でも、今までの時代
のような「本業」だけにすべてを捧げている
とかなり危険な時代になってきた気がする。

本当に本業が心から好きで好きでたまらなく、
かつ年収が1000万円以上(妥協しても
700万円以上)あるのなら別に本業だけに
専念しても良いと思う。だがそうでなければ
本業だけに専念しているのはどうなのか。


真の「生きる力」をつけるには、会社員なら
本業だけにしか目を向けてない、というので
はなく、起業や副業を含めて人生を考えた
ほうがいいと思われる。そのためのツールが
自分にとってはFXや投資信託で稼げれば
良いなと思う。
タグ:副業
posted by ごくう at 22:25 | Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック