2016年07月23日

「躁的防衛」でごまかさない


心理学の用語で「躁的防衛」
という言葉があります。
「躁的防衛」とは、わざと
明るく元気な状態を作り出す
ことで負の感情を打ち消し、
自我を防衛することです。


心の防衛機制は誰にでもある
行動ですが、この躁的防衛は
一見すると明るく元気な状態
ですので、これがまずいこと
だとは思われず、むしろこの
状態が「すばらしい」「イケ
てる」「かっこいい」
と勘違い
してしまうことがあります。




自分・他人・状況をコントロール
しようとすると、この躁的防衛が
「すばらしい」「かっこいい」と
捉えがちです。


「友人とうまくいかない」「仕事
でうまくいかない」という人が、
躁的防衛でハイテンションになる
ことでその場をコントロールし、
それが習慣になってしまうと、
本質的なところを解決しないまま
「ハイテンションでごまかせる」
と思い込んでしまいます。


しかしこれを何回繰り返しても
何も解決しません。
一時的に
ハイテンションになっても
「その時、その場だけ良い
気分になったような気がする」

だけのことなのです。




このような躁的防衛という
コントロールははっきり
いって何の得もありません。

「明るい=カッコいい」という
浅い思考の人だけが集まりやすく
なり、そこでワーッと騒いで
いるだけの時間を過ごすこと
が多くなりますし、何より
自分自身をごまかしている
ことになる
からです。

 ・   ・   ・   ・
 ・   ・   ・   ・
 ・   ・   ・   ・
 ・   ・   ・   ・
 ・   ・   ・   ・
 ・   ・   ・   ・

それならいっそ「暗い時の自分」
を受け入れて、ゆっくり自分自身
を振り返ったほうが得策という
ものです。


どうして暗い気持ちになって
いるのか、なぜこんなに明るい
方ばかりに目が行ってしまうのか、
何度も同じことを繰り返しては
いないか、という感じに。

 ・   ・   ・   ・
 ・   ・   ・   ・
 ・   ・   ・   ・
 ・   ・   ・   ・
 ・   ・   ・   ・
 ・   ・   ・   ・

答えは自分の中にある可能性が
あります。
たとえゆっくりでも
それを探していったほうが解決は
早いのではないでしょうか。




posted by ごくう at 10:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | 脱コントロール思考 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック