2020年11月01日

人生に軸が無い「空っぽ病」の恐怖


皆さんは会社でいい歳をした中高年が
趣味の話ばかりしている人をどう思い
ますか?


「趣味が生きがい」
「趣味のために生きている」



こう豪語する人もいますね。
(どこまで本気かは分かりませんが。)
人の価値感はそれぞれですので、趣味
に生きることは別に悪いことでは無い
と思います。


しかし・・・・


趣味でも仕事でも何でもいいのですが


「〇〇が生きがい」
「〇〇のために生きている」


というその「〇〇」というのは一体

何のため

なのでしょうか?


この「何のため」というのが自分の
人生の軸、自分の生き方の軸になる
のだと思うのですが、ここが無いのに


「〇〇が生きがい」
「〇〇のために生きている」



という人は実はその「〇〇」で時間
潰しをしているだけ
で、本当は何が
したいのか分かってない人が多く、
それがその人を苦しめていることが
とても多いのです。


趣味や仕事は人生で大きな時間を
費やすことですが、そもそもその
趣味や仕事は


自分の人生にとって何のため


これが自分で分かっていないと何を
しても「糠に釘状態」で手ごたえを
感じられず、色々やっているようで
実は何もやっていないのです。


「色々やっているようで実は何も
やっていない」なんてことはない!

何かをやっているのだから、そんな
ことはあり得ない!と言う方も
いらっしゃるでしょうが、もっと
丁寧に言うと


自分の人生で本当にやりたいことを
実は何もやっていない



ということです。


趣味や仕事がダメだと言っているの
ではありません。自分の人生の軸が
あって趣味や仕事をやるのなら何も
問題は無いのです。ただ自分の人生
の軸が無いと問題だらけなのです。



こういう人生にしたい
こういう生き方をしたい


これが人生の軸です。


これが無いのに趣味や仕事だけを
たくさん詰め込んで「充実してる」
と錯覚している人は実はかなり
多いです。




私はこのような状態を「空っぽ病」
と呼ぶことにしました。


人生でやりたいことが無いのに、
あるいは本当はあるのに忘れて
しまっている(諦めている)のに
一生懸命人生は充実している風に
見せかける人。



こういう人は本当は何もないから
どこか表面的だったり、見栄っ張り
だったり、仕事をコロコロ変えて
みたり、趣味も多趣味のようでいて
結局何がしたいのか分からなかったり
するのです。


この「空っぽ病」の怖さは、趣味や
仕事で時間を埋めていれば人生充実
していて、趣味や仕事で充実して
いない人はつまらない人間なんだと
思ってしまうことです。


実は本当に一番つまらない人間は
「空っぽ病」の人なんですけど。



そこに気付かず人生をずっと過ご
してしまい、しかも年々人生上手く
行っていない感が出てしまう。


そりゃそうです、自分の目指す人生
を歩んでいないんだから、どこか
違うと思いながら趣味や仕事で時間
を埋めているわけですから。


逆に人生の軸があって趣味や仕事が
ある人はこれは最強に近いですね。



というわけで人生無駄に過ごさない
ようにどうぞ「空っぽ病」にはご注意
ください。


このことは以下のマンガにもしっかり
書かれてます。良ければ見てみて
ください。




posted by ごくう at 23:06 | Comment(0) | 「生きる力」日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。