2017年01月22日

男も女も「東京タラレバ娘」はタメになるマンガだと思う



今クールよりテレビで
「東京タラレバ娘」
始まりました。


私は男性ながらこの作者
(東村アキコ)のマンガ
が好きで、「海月姫」
とても面白く読ませて
もらっています。





そんな流れで「東京タラレバ
娘」のコミックスを買って
いたのですが、このマンガ
は男も女も問わず社会人
ならぜひ読んだほうがいい

マンガだと思っています。


というのも私が20代の頃
(1990年代後半の頃)は
結婚といえば三十代前半
頃がちょうどいい、という
感覚でした。


しかし「東京タラレバ娘」
では、その三十代前半の
女性たちが恋愛・結婚・
仕事に悪戦苦闘している
ところをコミカルに描いて
いるわけです。


この描き方を「アラサーや
アラフォーに辛辣だ」
とか
「女性蔑視だ」などと言う
声もあるようですが、作者
は決してそんなつもりで
マンガを描いているわけ
ではありません(ここは
コミックスを読めば分かる
と思います)。どちらかと
いうと非常に現実的なこと
を描いているマンガだと
私は思います。





これまで、特に今35歳以上
の人たちは「家庭より仕事」
という空気感の中で人生を
過ごしてきた人が多いので
はないか、と私は思います。
男女雇用機会均等法から
始まり、「自己責任」だの
「女性の社会進出」だの
言われ続けてきましたが、
結局は「(社会ではなく)
会社にとって都合のいい
ことばかり」
「女性は
恋愛市場では男性より
必ず優位」
ということが
やたらと言われ続けた
時代だったと思います。





しかし「東京タラレバ娘」
では「そうでもないんじゃ
ない?」
と、そこに疑問を
呈しているように思います。


会社にとって都合の良い
ことばかり言われ続けて
女性優遇的な風潮があった
けど、そうでも無いんじゃ
ない?


恋愛市場では女性優位と
されてきたけど(若い
女性は特に)、30代に
なってきたらそうでも
ないんじゃない?



ここ20〜30年くらい
「当たり前」とされて
いた見方に対しては一歩
引いてみていて、代わり
今の時代の「当たり前」
に焦点を当てている

それが「東京タラレバ娘」
だと感じます。


電通の事件があったような
この時代に、いまだに

「仕事、仕事!」
「結婚より仕事第一!」


という一昔前的な発想で
本当にいいのですか?
男も
女も年齢というものがある
のですよ?ということを
自覚するためには、とても
タメになるマンガだと思い
ます。決して辛辣なマンガ
ではありません。
20代以上
の人たちに心からオススメ
のマンガです(ノリもいい
ですしね)。


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

東京タラレバ娘(1) [ 東村アキコ ]
価格:463円(税込、送料無料) (2017/1/22時点)



posted by ごくう at 14:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | 「生きる力」日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック