2016年08月12日

勝者と敗者の違い


まずは引用から。

--------------------------------------


勝者と敗者の違い


1.勝者は間違ったときには「私が間違っていた」
 と言う。
 敗者は「私のせいではない」と言う。


2.勝者は勝因は「運が良かった」と言う。
 例え運ではなかったとしても。
 敗者は敗因を「運が悪かった」と言う。
 でも、運が原因ではない。


3.勝者は敗者よりも勤勉に働く。
 しかも時間は敗者より多い。
 敗者はいつでも忙しい。文句を言うのに忙しい。


4.勝者は問題を真っ直ぐ通り抜ける。
 敗者は問題の周りをグルグル回る。


5.勝者は償いによって謝意を示す。
 敗者は謝罪をするが同じ間違いを繰り返す。






6.勝者は戦うべきところと妥協すべきところを
 心得ている。
 敗者は妥協すべきでないところで妥協し、
 戦う価値がない所で戦う。


7.勝者は「自分はまだまだです」と言う。
 敗者は自分より劣るものを見下す。


8.勝者は自分より勝るものに敬意を払い
 学び取ろうとする。
 敗者は自分より勝るものを不快に思い、
 アラ捜しをする。


9.勝者は職務に誇りを持っている。
 敗者は「雇われているだけです」と言う。


10.勝者は「もっと良い方法があるはずだ」と言う。
  敗者は「何故変える必要があるんだ?今までうまく
  いっていたじゃないか」と言う。


引用:勉強・仕事・子育てetc・・
 人生に役立つ名言・格言(NAVERまとめ)

http://bit.ly/2aOO7s9
--------------------------------------






私はこの「勝者と敗者の違い」の10項目が
とても好きです。特に・・・

---------------------------------------
2.勝者は勝因は「運が良かった」と言う。
 例え運ではなかったとしても。
 敗者は敗因を「運が悪かった」と言う。
 でも、運が原因ではない。
---------------------------------------
6.勝者は戦うべきところと妥協すべき
 ところを心得ている。
 敗者は妥協すべきでないところで妥協し、
 戦う価値がない所で戦う。
---------------------------------------
8.勝者は自分より勝るものに敬意を払い
 学び取ろうとする。
 敗者は自分より勝るものを不快に思い、
 アラ捜しをする。
---------------------------------------


この3つは好きです。


2の運についてですが、運が強い人は偶然では
ないことがほとんど
です。明らかに運を貯金し、
必要な時に引き出している。そして運が良く
なる意識で行動をしている。勝者は基本的に
運が強い人が多いと思いますが、そんな人でも
(そんな人だからこそ?)勝因は「運が良かった
だけ」という。おそらく常時「運が強い状態」
なので、謙遜ではなく心からそう思っている
のだと思います。



6は戦うべきところを抑えている、というのは
「敵を知り己を知れば百戦危うからず」という
ことですね。まず己を知ることがいかに大事か。
そんなことを教えてくれています。自分と向き
合うのって意外と出来ないですからね・・・。


そして8は「あるある」なのではないで
しょうか。「自分より勝るものを不快に思う」
というのは損しかありません。ひどい場合だと
「不快に思う」どころか無視して「無かった
ことにしてしまう」
ということもあります。
こんな人だとまずまともな人は寄ってこない
でしょうし、自分自身も「自分より劣る者を
好む」になってしまい、どんどんレベルが
下がっていくことになるので、8の状態だけは
何としても避けないといけません。



自分自身生きていく上で変な方向に行って
しまわないように、このような名言は大事に
していきたいと思います。




posted by ごくう at 00:44 | Comment(1) | TrackBack(0) | 「生きる力」日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
おはようございます。たいへん参考になりました。その通りだとおもいます。あと、応援のオールポチリしときました。ブログへのコメントいただきまして、ありがとうございます。
Posted by sin at 2016年08月12日 06:33
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック