2017年09月10日

「ほめる」と「おだてる」を混同しない


自分に対して、また他人に対して
「ほめる」という行為はとても
重要だと思います。


自分自身を「ほめる」ことは自己
肯定感や自信に繋がり、また次も
がんばろうという気になります。


他人を「ほめる」ということも
とても大事です。自分の親や子供、
兄弟を「ほめる」ということは
相手を尊重している、という
メッセージになります。親族に
「ほめる」というのはなかなか
恥ずかしいものがありますが、
それでも「ほめる」ところは
「ほめる」ということは大事だ
と私は思います。





しかしこの「ほめる」を取り
違えて、「おだてる」と
「ほめる」を混同している
人が少なからずいます。



「ほめる」はありのままを
見て評価
するものですが、
「おだてる」はありのまま
ではなく過大評価する
もの
です。


たまになら相手のためを思って
「おだてる」ということも
必要だとは思います。しかし
「おだてる」が常態化し、
もしくは「ほめる」と「おだ
てる」を混同してしまうと、
相手のためにも自分のためにも
なりません。



どうしてかというと、「ほめる」
はありのままを「ほめる」ので
コントロールではありません
が、
「おだてる」は過大評価してい
るので相手(自分)をコント
ロールしている
ことになるの
です。





「おだてる」ことで相手を
過大評価し、過大評価された
相手は勘違いしてしまうこと
もあります。そして「おだて
る」行為を行った人自身も
「おだてる=相手をコント
ロールできる」
と思うように
なってしまいます。このように
「おだてる」ことで成立する
関係は長続きしないのが普通
です。


コントロールは一時的になら
良いこともありますが、中長期的
に見ると良いことはありません。
それは何か「気持ちの悪い空気」
が周りを覆い、多くの人が不快
な気分となり、それが原因と
なっていずれコントロールの
関係は崩壊してしまうからです。


一見(最初は)良い空気に見えて
しまう「おだてる」という行為
ですが、「ほめる」とは根本的
に違う
ため、「おだてる」は
必要最小限にとどめておく方が
良いと思います。おだててばかり
いる人はいずれ「コントロール
しようとしている人」
と周りから
見なされ、次第に人が離れていき、
そして結果としてコントロール
できなくなっていくのです。


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

「思いやり」の心理 [ 加藤諦三 ]
価格:1026円(税込、送料無料) (2017/9/10時点)



posted by ごくう at 16:19 | Comment(0) | 脱コントロール思考 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。