2020年09月21日

今の時代こそ「結婚すること」が合っている(東京タラレバ娘シーズン2を読んで)




私は男性ですが「東京タラレバ娘」
とても好きな作品です。東村アキコ氏
と同い年ということもありますが、
笑いのツボが同じというか、考え方も
似ているというか、とにかく東村氏の
作品が好き。


最近「東京タラレバ娘シーズン2」
出ていますが、これを読んでこれまた
とても良い作品だと思いました。


さてこのマンガの中で、「あなたの
夢は何ですか?」
というのがあるん
ですね。


「夢」というとどんな仕事がしたいか、
どんな職業に就きたいか、というのが
一般的ですが、そうじゃないんです
よね、本当は。



「夢=やりたい仕事」だとそれが達成
された時、やりたいことがなくなって
しまうので、それはちょっと違うんだ
と思うのです。


「夢」とは一生を通じてやりたいこと。
どういう人生を過ごして、どういう
生き方をしたいか。仕事はそれを
補助するにすぎない(一部の才能を
持った人を除いて)わけで、もちろん
仕事をないがしろにしていいという
わけではないのですが、一生を通じて
やりたいことを実現するためにどんな
仕事をしたいか
位でいい人が大半だ
と思います。


このマンガの中でスマホばかり見て
何年も過ごしている主人公が出てくる
のですが、スマホ内のコンテンツを
消費しているだけで何も無い
んですね。


今、こういう人すごく多いんじゃない
でしょうか?



私もコンテンツ消費(ゲームやマンガ、
映画鑑賞など)は好きですが、25歳位
からそこまでのめり込めないというか
入り込めない自分がいるんです。


それはもっと他にやることがあるから。


コンテンツ消費は所詮誰かが作った
ものを消費しているだけで、自分が
何かをやっているわけじゃない。
消費なのか浪費なのか分からない面
がありつつも単純に楽しいからやる、
というそんな部分が分かっていて
楽しんでいるわけです。


ところがコンテンツ消費しかして
いないと、自分から何かするという
ことが億劫で億劫で誰かが提供して
くれるコンテンツを消費することが
生きがいだ、楽しいからいいんだ、
と思い込んでしまう
のです。
ネットやスマホだけでもこれだけ
コンテンツが溢れる時代ですから、
そう思ってしまうのも仕方ないの
かもしれません。




でも・・・!
たいてい25〜30歳あたりで気付く
んですね、「あれ、私はコンテンツ
を消費しているだけだ。3年前と一体
何が違うんだろう?つまらないな。
あ、飽きてきてるのか。」
って。


「あ、飽きてきているのか。」と
気付ければまだマシで、コンテンツ
消費から抜け出せないでいると
だんだんと腐ってくるんです。
そりゃそうだ、小さな子供が
「おかあさんといっしょ」を見て
次に「アンパンマン」を見て次に
「プリキュア」や「ドラえもん」
になって、次に「ハイキュー!!」
になったというようなことを20代
でやっても面白いわけがない。
コンテンツ消費だけではなく
仕事だけでもなく、人として
「人生を生きる」ことをしないと
生きてる実感なんて湧かないように
できている
んでしょう、きっと。


だからこそ「結婚すること」が
大事なんだと思います。



何で結婚?と思われた方は迷わず
「東京タラレバ娘シーズン2」を
読んでください。



ここが分からないと皆でワイワイ
バーベキューをやっても、金曜の
夜に仲間と飲み屋で飲んでも、
コンテンツを消費しまくっても、
ペットを飼っても、何をしても
「楽しくない」んです。

一時的に楽しいことはある程度の
年齢までは楽しめますけど、30歳
あたりからキツくなってくる。

豊かで楽しむことが沢山あり過ぎる
時代だからこそ「結婚」することが
合っているんです。

まあ、結婚するだけですべて解決
するわけじゃないですけど・・・。
少なくても一時的な楽しみだけを
「楽しい」と思い込んでいるわりに
「虚しさも同時に感じている」状態
からは抜け出せると思います。




posted by ごくう at 09:40 | Comment(0) | 「生きる力」日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする