2020年09月20日

参考になる記事:あなたは“嫌いな上司”になっていませんか?「絶対に否定をしない人」に情報と人が集まるワケ





後輩や若手、部下に対してまず
否定から入る人、いきなり上から
目線で入る人、いますよね。
日本はまだまだ年功序列の意識が
強いせいか、先輩・上司とはかく
あるべき、それがちょっと偉そう
なくらいがちょうどいい、という
何とも時代錯誤の人もいるのが
現実です。


部下でも後輩でも否定から入る
人とは絶対話なんかしたくあり
ません。
これは自分が上司・先輩
であっても同じことですけど、
立場が弱い部下や後輩なら尚更な
こと。部下だろうと後輩だろうと
まずは相手の話をキチンと真正面
から聞くこと。
聞く姿勢を見せる
こと。部下、後輩を否定することで
優越感に浸るなんてもってのほか。
部下、後輩より自分が優れている
とは限らない。

そう思っていれば自然と相手の話
を聴けるようになるのだと思います。




----------------(引用)-------------------

・・・・・・

私たちが人を動かす影響力を持つ
うえで大切なのは、相手の安心感を
満たしてあげること。
そして、安心感を満たすすべての
原則の土台となるのが、
「絶対に否定をしない」
ということなのです。


ただし、「絶対に否定をしない」と
いうのは「相手の意見をすべて受け
入れる」という意味ではありません。
自分の意見は持ちながらも、「相手
はこういう意見や考えを持っている
のだ」と受け止めてあげるだけで
いい
のです。


「受け入れる」のではなく「受け止
めてあげる」。


要するに、否定をしないで最後まで
聞く姿勢を保つことで、相手は安心感
を覚えてくれる
わけです。相手の意見
を否定しないで最後まで聞いたとしても、
やはり相手の考えとは違うアドバイスや
指示をしなければならない場面も当然
あります。
その場合は、まずは否定をせずに話を
すべて聞いてあげたうえで、その後で
アドバイスをするのです。


相手に安心感を与えてからのアドバイス
であれば、相手も自然と耳を傾けてくれる。

第一声から「それは違う」「えっ? そんな
の無理でしょ」などの否定する言葉を発して
いる人は、安心感を与えるどころか嫌われて
しまうので要注意。否定する言葉ではなく、
「そうなんですね」「そう思っているんで
すね」といった「あなたの考えを理解しま
した」という趣旨が伝わる反応をしてみて
ください。


▼引用
あなたは“嫌いな上司”になって
いませんか?
「絶対に否定をしない人」に情報と人が
集まるワケ

-----------------------------------------------




posted by ごくう at 07:18 | Comment(0) | 仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする