2020年08月11日

「〇〇さんがやってくれない」はコントロール思考である



・学校の先生が〇〇してくれない。

・部下、上司が〇〇してくれない。

・親が〇〇してくれない。

・国(行政)が〇〇してくれない。

・医者が〇〇してくれない。

・塾の先生が〇〇してくれない。

・友人が〇〇してくれない。



こういうことをしきりに言っている
人がいます。




私はこういうことを聞くと必ずこう
思いますし、以下のように質問します。


--------------------------------------
じゃあ、あなたは何をしたのですか?
--------------------------------------

--------------------------------------
では、あなたは何をしたいのですか?
--------------------------------------



こう聞き返すと相手はたいてい妙に
多弁になるか(←ほとんど言い訳)
黙ってしまいます。


つまり何もしていないのです。


何かをしていても「やった」とは
とても言えないようなレベルでしか
「やっていない」のです。


「●●さんが〇〇してくれない」と
言っている人は依存的な人です。
依存的な人は相手をコントロール
する、されるの関係です。
つまりコントロール思考にドップリ
浸かっているのです。



こういう人はどこに行っても何を
しても、最初はうまく行っていたと
しても、次第に行かなくなっていき
ます。
それは当たり前の話で、結局
相手に身を委ねているだけだから。

「自分が〇〇しよう」「自分はこう
しよう」というのが無い人に、誰も
応援はしてくれません。それでは
上手くいくわけがないですよね。


▼関連記事
自分をコントロールできないと
他人をコントロールしたくなる?


自分が提供側か消費側かの自覚はある?
この差はとても大きい。



[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ひとの性格・感情辞典 心理学でわかる [ 渋谷昌三 ]
価格:1320円(税込、送料無料) (2020/8/11時点)



posted by ごくう at 11:54 | Comment(0) | 脱コントロール思考 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする