2020年05月24日

コロナ禍に思う:大学に入ったばかりの時、友達が「死のうかな・・・」と言ったのを思い出した




もうかれこれ25年も前になりますが、
私が一浪して大学に入って浮かれて
いた時、同じ大学の友人が


死のうかな・・・


と言ったのです。


浮かれ切っていた私は何ていう
冗談かと思い、笑って終わったの
ですが、今にして思うと友人は
軽い鬱状態だったのだと思います。


そんなことを口にしてもちょっと
時間が経つと元気にやっていた
友人ですが、考えてみると彼は
現役で大学に入ったのでずっと
勉強を頑張ってきたのでしょう。
やっと大学に入ったはいいものの、
友達と遊んだりしていても何だか
物足りない感じがしたのかもしれ
ません。



楽しいのは楽しいのだけど、何か
違う・・・・。
いわゆる燃え尽き症候群とか
空の巣症候群というやつですね。




このコロナで家に自宅待機だったり
引きこもりがちな時間を過ごして
おられることも多いでしょう。


私も4日に1日ほど会社が強制休暇
になり、時間がたっぷりあります。
この時間の過ごし方はまさに大学
に入ったばかりの頃のよう。
何となく懐かしいような、そんな
感じがしています。



普通に働いている時は


ああ、大学生の頃に戻りたいな
あれは天国だったなあ



なんてしょっちゅう思っていました。
今の大学と違い、私が大学に入った
90年代後半はとても学生に自由な
時間があったのです。


コロナ禍とはいえ、40代の半ばで
このようなのんびりとした時間を
再び味わうことができるなんて、
ある意味とても幸せなことだと
思っています。


そしてこのような時間こそ自分を
振り返る良いチャンスだと思いました。




私がこの2か月ほど、有り余る時間が
あったわけですが、じゃあその時間を
どう使ったかと言えば、Twitterを
やったり、このブログを書いたり、
本を読んだり、投資をやったり

いう感じでした。


そして8時間拘束されている会社
ですが、これはこれでそれほど悪い
ことではない、とも思いました。


8時間(通勤を入れたら13時間位)の
拘束があるわけですが、それが無い
からといって、私の場合は別に時間
がうまく使えるわけじゃないと
本当によく分かりました(笑)。



そして仕事も悪くないですが、やはり
人間は何かしていないとダメになる、
と痛感しました。


何もしていないと先ほどの大学の時の
友人のように


死にたい・・・


と思うようになってしまうのかもしれ
ません。

人生を楽しもうと思ったら休み過ぎて
はダメです。
やはりある程度の拘束と
制限があるから空いた時間を楽しめる
のです。行動していないと人間はダメ
になるのかもしれません。




これで老後の有り余る時間をどうする
かもイメージが湧いてきました。
つい最近まで「早く引退したい」、
「会社には行きたくない」
と感じる
ことが多かったですが、このコロナ禍
を通じて「もし独立しても〇〇する」、
「自分には〇〇というスタイルが合う」

などのシミュレーションができました。



Twitterを見ると「フリーランスになり
ました!毎日がイキイキしてます!」

みたいなことを書いている人を見かけ
ますが、そういう人もいて当然だと
思いますが、私はフリーランスに
なったとしても一人でやるより複数
でやったほうがいいのかも?
と思う
ことができました。
(これは今の仕事でも一緒ですが)


そういった意味で今回のコロナ禍は
いろいろ得るものが多く、こんな
ことを言ってはいけないのかもしれ
ませんが、私の人生ではとても貴重
なイベントだった
と思います。


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

失敗の法則人生の羅針盤 [ 林徳彦 ]
価格:1571円(税込、送料無料) (2020/5/24時点)



posted by ごくう at 15:18 | Comment(0) | 「生きる力」日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

良い記事:「指示待ち」労働者は、永遠に貧しいままである



私は40代の中間管理職ですが
様々な年代の人を見ていて常々
感じていることがあります。

それは


受け身(指示待ち)の人は本当に
仕事が辛そうである



ということ。


少し前に


給料をもらうか、給料を稼ぐか

という記事を書きましたがそれと
ほぼ同じですけどね。


それにしても今のようなコロナの
時ほど、受け身(指示待ち)の人は
本当に辛そう
です。


反対に自分から仕事をやっていく人、
つまり指示待ちでない人は、そこまで
辛そうではなくむしろ「時間ができた、
ラッキー!」
という感じ。


これ年代・性別・社歴は関係ないです。


私の職場だけかもしれませんが特に
40代、50代の中高年指示待ち族は本当
に辛そう。

もう人生自体が辛そうでビジュアル的
にも見てられません(笑)。


こういう人たちほど会社から指示
されると「何でこんなことするんだ?」
「意味あるのか?」
と真っ向から否定。
じゃあお前ならどうするんだよ?
聞くとゴニョゴニョとお茶を濁して
しまう始末。何がしたいんだろう?
と思います。


下記にある記事はまさにこのような
指示待ち(受身)人間に警鐘を鳴ら
しています。正直言って40代より上
で指示待ちの人はもう矯正が効かない
かもしれませんが、若い世代の方は
本記事を読んで指示待ち中高年に
なってリストラされないように気を
つけることはできるでしょう。


こちらの記事にある「労働者1.0から
労働者2.0を目指せ」。

まさにその通りだと私は思います。




----------------(引用)------------------

日本は少しずつ、確実に貧しくなって
います。
それでも平成の時代は昭和の遺産を
食いつぶすように生きながらえる
ことが出来ました。
しかし、令和の
時代はますます厳しさが増していく
ことは間違いありません。
今はコロナ
のことで皆さん頭がいっぱいになって
いますが、この危機が去った時に
どんな経済状況が待っているのか。
それを考えるとゾッとします。

日本人の貧困化を食い止めるには
どんな方法があるのか?

その一つは、一人ひとりが「投資家
の思想」
を持つことだと思います。
これまで多くの日本人は「労働者の
思想」しか持っていませんでした。
しかしその思想では、もう未来が
ないのです。

「投資家の思想」こそが日本の未来
を切り開くと私は信じています。
少なくとも、その思想を持てた人は、
生き残ることが出来ます。


投資をすることがビジネスパーソンと
していかに大事であるかということを
知っていただきたいと思い、私は
『ビジネスエリートになるための
教養としての投資』(ダイヤモンド社、
5月27日発売)
という本を書きました。
ここで言う投資とは、チャートとにら
めっこして売り買いを繰り返すこと
ではありません。それは「投資」では
なく「投機」です。ギャンブルとなんら
変わりありません。私が言う「投資」
とは、もっと大局的でビジネスの本質
に関わるものです。・・・・・・


▼参考記事(続き)はこちらから▼
「指示待ち」労働者は、 永遠に貧しい
ままである

----------------(引用)------------------




posted by ごくう at 10:55 | Comment(0) | 「生きる力」日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする