2020年05月10日

気になる記事:読書量と収入の無視できない関係


和田アキ子さんが自身のラジオで
「たけし、タモリ、さんま、所っち…
別格やね。共通しているのは…」
という話をしたそうです。


▼記事はこちら

和田アキ子「たけし、タモリ、さんま、
所っち…別格やね。共通しているのは…」



この中で和田アキ子さんは共通
しているのは「読書」
だとか。
この大物たちは本が好きで必ず
本を読んでいたということです。


そしてこのような記事を見つけ
ました。


▼記事はこちら

読書量と収入の無視できない関係




私も本は結構好きで30代までは
電車の中では読書かゲームか
必ずやってました。
最近はスマホを見ることが多い
のですが、これも考えものだと
思うこともあります。それは
読書が明らかに減ったから。


数年前に子供部屋を作るために
私の本を数百冊捨てましたが、
その本のすべてが頭に入って
いるとは思ってませんが(笑)
身体に染み込んでいるというか
自分の中にあるのは何となく
感じています。これは私の
財産ですので本当に読んでいて
良かったと思うことが多いです。


本の良いところは凝縮された
エッセンス、古来より脈々と
伝わってきた内容が手軽に
読めること。値段も手頃です。

紙の本でも電子書籍でもこんな
便利なツールは無いでしょう。


読書の良いところは自分の
ペースで読むことができること。
内容が良いものが多いこと。

これが年収や出世に影響しない
はずがないと思います。



スマホでゲームやSNSもいい
ですが、読書のほうが良い
ことがものすごく多い気が
しますね。


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

乱読のセレンディピティ [ 外山 滋比古 ]
価格:638円(税込、送料無料) (2020/5/10時点)



posted by ごくう at 22:40 | Comment(0) | 「生きる力」日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする