2020年05月09日

いかだ下り型のキャリア、山登り型のキャリア


若い20代の頃、よく上司に

仕事で何をやりたいのか

と聞かれ答えに窮することが多々
ありました。

何故って「やりたいこと」が本当に
何もないから。
でもあったらいいな、
そうなりたいな、とも思いました。
けど20代の私には何も思い浮かび
ませんでした。大学進学も就職も
「何となく自分に向いてるかな?」
という感じで決めていましたし。


そして30代。30代も大して変わり
はありません。しかし30代後半で
産業カウンセラーの資格を勉強し
キャリアについても学習の中で
色々出てきた時、


ああ、こういうのもあるんだ
もっと早く知っていれば・・・!


と思うこともありました。

そして40代。不惑と言われる年齢
ですが、この産業カウンセラー
おかげでようやく自分のキャリア感
が明確になりました。なんて遅い
んだ、とも思いましたが、こちら
の記事を読んでああ、そうか!と
分かることがありました。


▼参考記事


キミは「いかだ下り型?」それとも
「山登り型?」コレって何のこと?





私はこの言葉を聞いて自分が
「いかだ下り型」だと思いました。
20代の頃から仕事では「山登り型」
がいい、と思い込まされていた
感じがありますが(上司もそう
だったのでしょう)、別に人生
「いかだ下り型」でもいいんだ
と分かったらかなりホッとした
面があります。


確かに「山登り型」は目標が明確
ですのでこちらの方が取り組み
やすく、自分も周り(上司・親)
も安心するというか、そんな
ところがあると思います。


対して「いかだ下り型」の人は
人生何にも考えていないというか
(実際私は考えていませんでした)
目標が無いからやる気も無いと
いうか、とにかく周りもキャラを
掴みにくいんですね。だから
「山登り型」を目指そうとする
んですね。


でも・・・!


10代、20代、30代でそんなこと
分かりますかね?

色々試してみるのも手という
ものです。かといって職を転々
とするのがいいかというと
それはまた違うと思いますが。


要は与えられたことをしっかり
やっていればいつか道が見つかる
ということ。
それをやらずに
転職しまくったり愚痴を言ったり
していてもしょうがないので、
山が分からなかったらとにかく
今のところで着実にやっていく。

それだけでいいんだと思います。


そうしていくと40代あたりで
やっと「見えてくる」。
いかだ下り型の人のパターンは
そういうものなのかもしれない
ですね。




posted by ごくう at 23:19 | Comment(0) | 「生きる力」日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする