2020年02月29日

仕事を作業量・作業効率で勝負すると、かなりの確率で「負ける」。


タイトルのままですが

仕事を作業量・作業効率で勝負すると、
かなりの確率で「負ける」。



意外にこのことに気がついていない、
もしくは仕事を作業量、作業効率だけ
の勝負
にハマってしまっている人が
多いのです。


こうなるとなぜ「負ける」か。
それは仕事とは結局のところ「頭脳戦」
だから。



どんなに作業量、作業効率を上げた
ところで、その改善率は劇的には
変わらないことが多い。



この「劇的に」というところが重要で、
「劇的に」変えるにはどうしても
「頭脳」が必要になる
のです。


作業量や作業効率を追求するのは
ある意味当たり前で、そこを頑張った
としてもせいぜい20%〜50%アップ
でしょう。でも仕事を「頭脳戦」で
勝負している人は、仕事そのものを
変えてしまい、入社2〜3年あたりの
新人でもいきなり200%の出力で
できるようにしてしまいます。



しかもその200%というのが2倍
頑張るという発想ではなく、従来の
8割の作業量で200%の出力にして
しまおう
、という感じ。だから
仕事のフォーマット自体を変えて
しまって劇的に効率化させる、と
いうやり方なのです。


仕事とは本来こういうものなの
でしょうが、作業量や作業効率で
勝負しようとしている人は小手先
だけの効率化で勝負しようとして
いて、そうしているうちに疲弊し
自分自身を痛めていくことが多い。



ところが頭脳戦で戦おうとして
いる人は、フォーマット自体を
変えてしまうから楽々とこなして
いってしまう。



この差は滅茶苦茶大きいです。




作業量や作業効率で勝負すると
かなりの確率で「負ける」と
言っているのは、頭脳戦でやって
いる人だけでなく自分自身にも
「負ける」確率が高いから。
だったらそんな割の悪い勝負は
しない方がいいのです。



頭脳戦で戦おうと思ったらまずは
知識が必要。
そのためには本を
読んだり人から教わったりして
アイデアを得るしかありません。
そして得たアイデアを実際の
作業に落とし込み、さらに自分
だけではなく多くの人にその
手順を伝えていく。
こうしないと
劇的には良くなりません。


ここを間違えてしまうと年齢を
重ねるごとにしんどくなっていく。

年を重ねてもしんどくならない
ようにするためには、体力戦の
要素が強い作業量の勝負では
負けて当たり前なので、頭脳戦
に切り替えるしかない
んですね。




posted by ごくう at 23:40 | Comment(0) | 仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする