2020年02月11日

傷をなめ合うつき合いにはマイナスしかない


「傷のなめあい」のようなつきあいを
「人情がある」とか「人徳がある」
なんて言ってごまかしている人、
あなたの周りにはいませんか?


私の周りにはこういう人がいて、
とてもイヤな気持ちにさせられます。
このような人が何でイヤな気持ちに
させるかというと、以下のような
行動、言動が多いからです。


----------------------------------------------

自己実現をしている人は、こんな愚行を
おこなわない。時に二人だけで、大した
ことでもないことをオーバーにほめたたえ
合う、などということはしない。

こんなことは、しょせん一時の気休め
しかすぎないのである。
また、自己実現している人は、自分の
劣等感を隠すために、
他人をやたらに
非難したりはしない。
「あの人達、程度低いのよ」
と周囲の人を非難してみたところで、
傷ついた自尊心が回復するわけではない。
一時的にはいやされても、本質的には
むしろいよいよ傷を深くしてしまうだけ
である。


引用:傷をなめ合うつき合いはやめなさい
(『「やさしさ」と「冷たさ」の心理』)


----------------------------------------------

この引用にあるように


・大したことでもないことをオーバーに
 褒め称えあう

・他人をやたらに非難する



ということをお互いにしあって傷を
舐め合う行為をしても、それは実は
むしろ傷を深めているだけなのに、
そこに気付かずにずっとループして
しまう。こんなことは人生の無駄
でしかないのに、酷くなってくると
傷を舐め合うことがやさしさだ、
人情だ、人徳がある、などと勘違い
してしまうのです。



こうなってしまうと自分より成長
している人、能力のある人に対して
嫉妬し(だから他人をやたらに非難
する)
、けれど自分を高めることは
しない、という自分にとって非常に
都合のいい人間になってしまい、
結果としてそれで人望が無くなって
いる
にも関わらず、傷を舐め合って
いる集団を作って「自分たちはすば
らしい」と思い込んでしまうのです。




こうなると完全に負のスパイラル。
習慣的にこうなってしまうとこの
思考を変えるには相当苦労します。
中高年以上になるともはや矯正は
無理かもしれません。(年をとると
誰も指摘してくれなくなります。)


こうならないようにするためには
とにかく謙虚でいる必要があるので
常に


・新しいことにアンテナを張り
 一から始める環境に身を置く

・年齢や経験をスキルと勘違い
 しないように注意する

・自分より能力の高い人と接して
 おくようにする


ことを意識することが大事かと
思います。年齢を重ねるにつれ
こういう意識が無くなりがち
(若い人が気を使ってやさしく
なるのでそれに慣れてしまう)
なので注意しないといけませんね。




posted by ごくう at 11:14 | Comment(0) | 「生きる力」日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする