2019年12月30日

良い記事:専門家に学ぶ「マネジメント」の本当の定義。優秀な人ほど部下に嫌われる理由とは?




マネジメント。
会社でリーダーや管理職になると
大事なスキルですが、なかなか
理解できず難しいものがあります。

ここでマネジメントについて
とても分かりやすくて良い記事を
見つけましたのでご紹介。


▼記事はこちら

専門家に学ぶ「マネジメント」の本当の定義。
優秀な人ほど部下に嫌われる理由とは?




さて記事内にもありますが


-------------(引用)---------------------
そもそも人「を」マネジメントする、と
いうのが間違っていますね。
マネジメントは人「と」おこなうもの。
一方的に指示したり、管理したりする
ものではありません。
-------------------------------------------



まさにこれで、人を管理する、のではなく
人「と」マネジメントするか否か。
ここを間違えてしまうと変な方向に
行ってしまいがちです。


マネジメントとは、


-------------(引用)---------------------
ドラッカーは「マネジメントとは、組織に
成果をあげさせるための道具、機能、機関
である」と定義しています。


かみくだいて言うと、「人と力を合わせて
成果をあげること」。信頼関係を築いて
メンバーの強みを引き出し、存分に力を
発揮させることがマネジメントの本質です。


部下を一方的に「管理」するマネジメント
では、不平不満がたまり、力を発揮する
どころではなくなります。ドラッカーの
いうマネジメントは、それとは真逆なん
です。
-------------------------------------------


ということ。


これは仕事でも子育てにも通じるとても
大事なことですよね。





私の職場は小さな会社のためか私の入社
以来「マネジメントが無い」状態で
ずっときていました。

古い体質のファミリー零細企業に
ありがちな「一方的指示」「親分子分」
「村社会」
という環境にがしばらく
続いたのですが、マネジメントという
概念が入ってきてからというもの、
会社が明るくなってきたように思い
ます。


そりゃそうですよね、おかしいと
思っても意見も言えない、提案も
できない。そんなの息苦しいったら
ないですよ。


でもそんな職場に(再度引用)

-------------(引用)---------------------
ドラッカーは「マネジメントとは、組織に
成果をあげさせるための道具、機能、機関
である」と定義しています。


かみくだいて言うと、「人と力を合わせて
成果をあげること」。信頼関係を築いて
メンバーの強みを引き出し、存分に力を
発揮させることがマネジメントの本質です。


部下を一方的に「管理」するマネジメント
では、不平不満がたまり、力を発揮する
どころではなくなります。ドラッカーの
いうマネジメントは、それとは真逆なん
です。
-------------------------------------------


マネジメントを知っている人が力を発揮
したらどうなるか。答えは明らかです。


日本という国は先進国の中でずっと
労働生産性が低い国。何年かだけ
悪いんじゃなくて、ずっと悪いんです。
これはマネジメント意識が無いから
こうなってるのでは?と私は思います。
働き方改革もいいですが、労働生産性
を上げるにはまずはマネジメントの
見直しからはじめてみてはどうで
しょうか、特に中小零細企業は、
と思わざるをえません。


posted by ごくう at 17:08 | Comment(0) | 仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2019年12月29日

財布を変えただけで何だか気分が良くなった



最近長年使った財布がボロボロに
なったので新しいものに変えました。


私は財布にそれほどお金をかけず、
前に使っていた財布も5000円程度の
ものだったのですが、さすがに10年
近く使うとボロボロになってしまい、
ちょっとした買い物でも恥ずかしい
くらいの使用感でした。


そこでようやく変えようと思った
次第ですが、町で売っているような
1000円、2000円財布でもいいのかも
しれませんが、実際触ってみると
とても5年も持ちそうもない感じの
ものが多く、いくら安くでも買う
気が起きません。安物買いの銭失い
は嫌
ですからね。


そこでアマゾン・楽天で男性用の
財布を探したのですが、なんとなく
良さそう!と思って買った財布が
こちら↓



実際届いてみると2500円位の割に
すごくしっかりとしていて、売りの
ファスナーも丈夫でいい感じです。

何よりレザーとか中の作りとかが
しっかりとしていて、カッコイイ!
2500円程度の財布で満足している
私の感覚が安っぽいのかもしれま
せんが(笑)、とても2500円には
見えないディティールだと思います。


今まで使っていた財布がボロボロ
だったこともありますけど、この
財布に変えてから何だか自信を
持って買い物できるような感じ

になりました。(今までは財布を
隠すようにしてた)


こんなことなら早く変えれば
良かったと思います。はぁ〜。


posted by ごくう at 14:43 | Comment(0) | ただの日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2019年12月22日

会社なのに親分子分の世界はうっとうしい。だから忘年会に行きたくないんじゃ?




最近「忘年会スルー」なる言葉が
流行っているそうですね。
私も最近会社の忘年会がありましたが
この制度ぼちぼち辞めにしてもいい
のでは?
と思っている一人です。


ちなみに私は学生時代からお酒が
好きですし、色々な人と話をする
ことも好きです。


でもねえ・・・。


40代になった今でも会社の飲み会は
あまり好きではないんですよ。
会社は会社、プライベートはプライ
ベートで割り切りたいのもあります
けど、会社の飲み会なんて親睦が
深まるとかコミュニケーションが
取れるとか、そんなの会社でできる
と思っている派
なんですね。
つまり酒の力なんかまったく必要
ない!
というのが私の考え。


まあ酒を飲めばいつも以上によく
しゃべるようになるのですけど、
特に酒が必要かと言われればどう
でもいい、という感じですね。


それよりも何かとデメリットの方が
多い。皆で集まるのも面倒くさいし、
次の日が休みならいいですけど仕事
なら本当にしんどいし、まして謎の
二次会とかまったく理解できません。





結局突き詰めて考えてみると忘年会
や飲み会が嫌いなんじゃなくて、
会社に親分子分みたいな古臭い
人間関係を作っている人がうっとう
しいのかな
、と思うのです。


若い人を小馬鹿にしたり、年長者に
気を使わせて酒を注がせたり、役職
のある人の横に若い女性を配置したり、
こんなのただの社内接待じゃないか
と思うのです。バカバカしいとしか
思えません。


私は課長職ですが自分の席の近くに
若い女性を配置してくれたとしても
何にも思いませんね。そんなことで
ヨイショだと思うヒマがあるのなら
仕事で実績を出してほしい
ものです。
そんな親分子分みたいな感覚は会社
にいらないです。


忘年会やら飲み会、やる必要が無い
とまではいいませんけど、もっと
控えめにしても十分
だと思います
けど、いかがでしょうか?


▼参考記事
部長にデザートを「あーん」……
「忘年会楽しいじゃん」派の人たちが
知らない世界 なぜ数千円を支払って
社内接待要員をやらされるのか



[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

会社で活躍する人が辞めないしくみ [ 内海正人 ]
価格:1628円(税込、送料無料) (2019/12/21時点)



posted by ごくう at 00:09 | Comment(0) | 仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする