2019年11月30日

ネガティブは損の始まり。「やっても意味があるか分からない」なら、やっておいた方がいい。




私の会社で20代の人と
「仕事で役立ちそうな資格があるけど
どう?やる?」

なんていう話になった時、


資格を取ったところで給料や役職に
反映されるか分からないからやらない



という答えが返ってきました。


これ、中高年以上の人だと


・今時の若い人はやる気が無い
・ゆとり世代か?



なんて言われそうですけど、この思考
イコールやる気が無い、とは私は一概
には言えないと思います。会社の人事
制度の問題や周囲の先輩から「やって
も意味なんか無いよ」
なんて吹き込ま
れている可能性がありますから。


ただ「やっても意味があるか分から
ない」なら、絶対やっておいた方が
いいです。
これは断言できます。


例えば大学進学について。
たまに(よく?)大学になんか行って
何になるのだろう?意味ないでしょ?

なんていう人がいますが、大学に行く
意味が無いならこんなにたくさんの
大学はありませんよ(笑)。


確かに大学は行って意味のある人と
無い人がいるのはあります。でも
それは・・・


大学に行って意味の無い人は、その
チャンスや経験を活かすことができ
なかった人



というだけのこと。
同じ大学に行っても「意味があった」
と思う人も大勢いるはず
です。
そういう人と交流ができなかった
くらい、パッとした大学生活では
なかったから「意味が無かった」
なんて簡単に言ってしまうのです。


結婚も同じですね。
最近結婚なんてしなくていいと
いう風潮があるような気がしますが、
「結婚して良かった」という人も
大勢いるのです。
結婚の意味がある
かどうかなんて、それこそ60歳位に
なってやっと分かるのかもしれませ
んし(笑)。




だから「やっても意味があるか分か
らない」のなら、とりあえずは
「やっておいた方がいい」のです。

チャンスはまた来るとは限りません
から。


ネガティブな考えは損の始まりです。


そしてここが大事かも・・・!


まわりに「そんなのやっても意味
ないよ」という人がいたら、その人
要注意
その人にとっては意味が見いだせ
なかったというだけで、その人の
レベルが単に低いという可能性
がかなり高いです(色々な意味で)。


レベルの高い人は「やっても意味が
あるか分からない」ならとりあえず
「やってみる」ほうを選びます。

「分からないけどやっても意味ない」
という人とは距離を置くのが無難だ
と思います。




posted by ごくう at 17:29 | Comment(0) | 「生きる力」日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする