2019年11月10日

良い記事:自発的な仕事ができない人が辿る悲惨な人生とは?



自発的に仕事ができない人って結構
たくさんいるような気がします。
「自発的でない」という言葉も当て
はまりますが「主体性が無い」とも
言えます。


「自発的でない」「主体的でない」
が続くとどうなるか・・・?
その末路がこちらの記事に書かれて
います。


▼記事はこちら
自発的な仕事ができない人が辿る
悲惨な人生とは?






こちらの記事で「ああそうだよな」と
思ったのは、自発的でない人は


「環境のせいにする」

「都合の良い嘘をつくようになる」


というところです。

環境のせいにし(他責)、都合の良い
嘘をつくようになる(それも平然と)
特に嘘をついても自分ではバレないと
思っているんですけど、やっぱり色々
とボロが出てしまう
んですよね(笑)。
見事に嘘をつき続ける能力があるなら
それを仕事に活かしてるはずですし。


他責思考で環境のせいにし、都合の
良いように嘘をつくようになると
どうなるか。それは単純な話で
周りから嫌われるというだけです。


では嫌われるとどうなるかと言うと
正確で有益な情報が入ってこなく
なる
ということです。


正確で有益な情報が入らず、無駄で
むしろ有害な情報しか入ってこない
(自分の都合の良い情報しか入って
こない)とどうなるか。これも単純
な話で「判断を誤るようになる」
いうことです。


判断を誤るから周りから信頼を失い、
ひどい場合はさらに嘘でごまかす
ようになる。もうこれは痛々しい
だけですね。


こういう負のスパイラルに入って
しまうとなかなかそこから抜け出す
ことは難しいです。ドラッグと一緒
で一度おいしい思いをしてしまうと
簡単には手放せないのです。
(余談ですが田代まさしはまたかと
いう感じですね。ドラッグは本当に
怖いです。)

そして落ちるところまで落ちて行く。
リストラや降格程度で済めば御の字
だと思います、もっと落ちていった
人を私は知っているので・・・。



ということでこちらの記事は若い人
はもちろん、ある程度の権限がある
中高年の人も読んでおいて損はない
良い記事です。なにはともあれ


「行動あるのみ!」


ということですね。




posted by ごくう at 16:35 | Comment(0) | 仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする