2019年07月15日

自分をコントロールできないと他人をコントロールしたくなる?



私の職場で残念ながらメンタルをやられて
しまった30代男性がいます。


メンタルをやられてしまったからなのか、
それとも元々持っている気質なのか、
あるいは後天的に身に付けた行動なのか、
そのへんはよく分からないのですが、
どうもメンタルの病気が悪くなるにつけ、
他人をコントロールしようと必死なのです。


この「コントロールしようと必死」という
ところがポイントで、本人にはその自覚が
あるかどうかは分からないのですが、はた
から見ていると他人をコントロールしよう
という感じが手に取るように分かるのです。


そのコントロール領域、度合いが最近
ひどくなってきており、自分より立場が
弱そうな人に対して特にコントロール
しようとしてきますので、上司である人は
そのコントロールから守ってやろうと
必死になっており、本来であれば社内に
かけるパワーよりも社外(お客様)に
目を向けるのが普通なのですが、この
ような状況では社内のほうに目を向け
ざるをえない状況となっていて、
今の
ところは社外には迷惑がかかることは
それほど無いのですが、これもそろそろ
時間の問題かなというのが私の印象
です。


振り返ってみますと彼は目に見えて
病気の症状が現れる以前から他人を
コントロールしようとするところが
あり、それが他人からは非常にうっと
うしいと感じ、職場では徐々に疎外
されていきました。



私から見るにこのコントロール思考は
病気から来るもの、というよりは先にも
書きましたが元々持っている気質なのか、
後天的に身に付けたものなのかよく分か
りませんが、ただ、元々持っている気質と
家庭環境・教育環境・職場環境が影響
しているようにも見えます。

つまり後天的に身に付けた思考習慣から
来ているように思えるのです。






こういう時こそ認知の歪みを取るべく、
カウンセラー等の心理職が役に立つの
ですが、同僚・上司にそのあたりの
理解が乏しく、単純に「あいつは面倒
くさい」「性格が細かい」
で片づけて
しまいがちなのが残念でなりません。


本当はもっと時間をかけ、同僚・上司
にもしっかり話をして、部署全体、
会社全体で少しでも良い方向に行く
ようにするのがベターだと思うので
すが、私が勤めるような零細企業では
正直言ってそこまでの理解ある人は
皆無と言ってもよい環境です。
私は彼の直属の上司ではないのですが、
一管理職として少しでもヘルプできる
ように動いています(とても慎重に
ですが)。


メンタルが不調の時の一つのサイン
として、やはり「他人をコントロール
しようとしてくる」
というのがあると
思わざるをえません。


これは「自分自身をコントロールでき
ないから、コントロールできそうな人
に対してコントロールしていく」
とも
言えそうです。


自分がコントロールできなくなって
いる時点で(自覚のある、なしに
関わらず)、しっかりと病院に行き
医師やカウンセラーに診てもらうのが
一番なような気がします。




posted by ごくう at 15:38 | Comment(0) | 脱コントロール思考 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2019年07月07日

良い記事:優秀な上司は絶対にやらない!部下を活かせない人が無意識でやっているNG習慣6選




会社で先輩・上司になったら忘れては
いけないこと。やらないといけないこと。
そのような大事なことが書かれている
記事です。


記事はこちら↓


優秀な上司は絶対にやらない!
部下を活かせない人が無意識で
やっているNG習慣6選








------------------記事より引用------------------

1:部下の仕事の誤りを指摘して
  正そうとしない

2:部下からの提案に関心を示さない

3:部下からの報告メールにレスを返さない

4:自分優先で部下を主役にしない

5:部下との雑談を避けて通る

6:部下の短所を他の部下に話す


----------------------------------------------------


上の1〜6は結局のところ
「部下を立てず自分を立てる」
という上司のことなんだと思います。
「自分が、自分が」という上司だと仕事
自体が面白くありませんし、こき使われる
ようで嫌ですよね。


うまくいく上司は部下を主役にし、部下を
引き立てるのがうまい。最近よく言われる
サーバント型リーダーシップのスタイルは
その典型かもしれません。


人はいきなり上司になることはまず
ありません。まずは先輩になり、それ
からよくできる人が上司になっていく。

なのでまずは先輩になった時点でこの
6つを意識していったほうがいいのだ
と思います。




posted by ごくう at 16:17 | Comment(0) | 仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする