2019年05月26日

なぜ偏差値の高い学校を目指すのか?



なぜ偏差値の高い高校や大学を目指すのか?


街を歩けば「〇〇高校 〇名合格!」
いったような塾の広告を見かけます。


偏差値の高い高校や大学。
そこに入ることは一種のステータスでも
ありますし、誇りになる場合もあります。


でもそのためだけ?


意外と「偏差値の高い学校に入る意味」
を真剣に考えたこともなく、ごく当たり前
に目指している人もいるかもしれません。


そしてその反対に・・・・


「偏差値だけが学校じゃない」


なんていう人も案外いるものです。
もちろんそういう面もあると思います。


私は偏差値の高い学校を目指す意味は、
「自己肯定感を高めるため」が主な目的
だと思うことがありました。自己肯定感
は何も勉強だけでできるものではないのは
百も承知なのですが、それでも難易度の
高い高校や大学に入る意味というのは
そこにあるんじゃないか、と思っている
ところがありました。





でも最近もう一つ大事なことに気付きました。


それは


にわか知識ではない、本当の知識・教養は
一朝一夕にには身につかない。
にわかではいずれメッキがはがれる。
でも世の中にはにわか知識でえばってる
輩が意外と多い。

にわかではなく本物の知識・教養で物事を
見るためには、本当にレベルの高い人達が
集まる場所に行かないといけない。

だから偏差値の高い学校を目指すのだ。



ということです。


一度でも本物のレベルの空気を吸うと、
にわかな人をみるとすぐ分かる。

だから本物が多くいる、レベルの高い
場所を目指さないとダメなのです。



偏差値だけがすべてではありませんが、
どうせやるなら本物の高いレベルを
身につけるよう努力すること。
これはとても大事だと思うのです。



posted by ごくう at 22:55 | Comment(0) | 勉強 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする