2019年04月08日

秘すれば花。いい大人は仕事場でプライベートをさらけ出してはいけない



私の趣味は読書、ゲーム、
投資、ブログなのですが
趣味は人生の潤滑油として
とても良い面を持っている
と思います。


しかし私のような40歳を
過ぎたいい大人が職場で
「趣味が、趣味が」
むやみやたらと趣味の話
をしてしまうと、これは
あまりカッコのいいもの
ではありません。


職場はそこが稼ぎ場で
あって、社会人であれば
あくまで職場をメインと
して振る舞い、趣味の
ような話はサブ
であって
それこそ潤滑油程度の
会話としておくことが
大人の振る舞いという
ものだと思います。






たとえ20代のような若い
世代の人であっても職場
ではあまり趣味は全面に
出さないほうが粋
かもしれ
ません。


というのも、職場で自分の
プライベートをあまり出し
過ぎてしまうと、何だか
とても薄っぺらくみえて
しまう
ものです。


たとえその人の役職が立派な
ものだとしても、あまりプラ
イベートな面は職場では
さらけ出さないほうがいい。
そのほうが「秘すれば花」
何となく魅力というか色気が
その人から出るのです。


でも飲み会では別。
飲み会という場では仕事の
話は極力抑えて、仕事以外の
プライベートな話もしましょう。
そうすると人間として奥行き
が出て、人として魅力が出る
のです。


仕事場は仕事をメインに、
プライベートはほどほどに。
プライベートの出しすぎには
注意ですね。




posted by ごくう at 09:02 | Comment(0) | 「生きる力」日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする