2019年03月24日

人間関係の悩みの多くは「コミュ障」、「情弱」、「人への関心の無さ」からくる




最近私の会社では人間関係でうまく
いっていないチームがあります。
幸い私のチームはまだ(?)大丈夫
なのですが、そのチームは実質的に
崩壊寸前
というくらい、人間関係が
うまくいっていないのです。


どのくらいうまくいっていないかと
いうと、8人程のチームなのですが


・急に休む人が多い
・遅刻、早退が多い
・あいさつをしない



などが最近とても目立つようになって
いるのです。8人程のチームで1人休む
だけでも大変なのに、2人、3人
いないこともザラ。これでは真面目に
出勤している人がたまったものでは
ありません。





このようなチームを私は社会人に
なって幾度となく見てきました。
私はこのような状況になるには
いくつか要因があると思っていて、
それらが複合的に絡んで「何だか
うまくいっていない」
という状況
になるような気がします。
その要因とはズバリ「コミュ障」
「情弱」「人への関心の無さ」

3つだと思っています。


まず「コミュ障」について。
「コミュ障」とは、決して会話が
少ない、口下手ということだけ
ではありません。アッパー系の
コミュ障
という言葉もある通り、
相手への配慮をせずにガンガンと
話しかけたりするコミュ障の人
もいます。


本当の「コミュ障の人」は
特定の人、特定の話題にとても
執着します。
で、それで自分は
コミュニケーションが得意だと
勘違いしていることが多い。


コミュニケーション能力に長けて
いる人は、様々な人、色々な話題
ができます。
決して流されている
わけでもなく、また八方美人と
いうわけでもなく、自分を持ちつつ
色々な人とコミュニケーションを
取ることができます。また相手の
属性にそれほど影響を受けません。


そしてこの「コミュ障」だから
なのか、それとも「情弱」だから
なのか、どちらが先なのかは分か
りません
が、「情弱」だと話題が
乏しくなり、ますます特定の人、
特定の話題しかできなくなって
いきます。


でもこの「コミュ障」も「情弱」も、
根っこにあるのは、実は「人への
関心の無さ」
があるのだと思います。


「人に関心が無い」から相手に配慮
した交流ができず、自分本位の交流
になる。だから特定の人としか付き
合えない。



「人に関心が無い」から「情報」にも
疎くなる。


このような負のサイクルができていく
ような気がします。


この負のサイクルを断ち切るためには
まず相手がどうというよりも自分が
相手に関心を持たないと始まらない

ような気がします。特に先輩・上司に
あたる方は人に関心を持たないと
いけないような気がします。


相手に関心を持つから色々な人と
話すことができる。


相手に関心を持つから「情報」にも
関心を持つようになる。


そうすると相手も自分に関心を持つ
ようになり、お互いの交流が始まる。



最初は負のサイクルだったとしても、
相手に関心を持つことで正のサイクル
が少しずつ動きだすのではないで
しょうか。


なんとなくチームがうまくいって
いない、なんかギスギスしてるなと
感じる方、でも話題なんか無いし、
と思っている方は、まずは自分から
相手に関心を持ってみては
いかがで
しょうか。きっと何かが変わって
くることと思います。


▼関連記事
コミュ障の人は「安心」を求め、
コミュ力が高い人は「信頼」を求める




posted by ごくう at 00:56 | Comment(0) | 「生きる力」日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする