2018年09月17日

その話、主観は何割で客観は何割?


人と会話していると自分の主観を
延々と語る人がいます。


私が若い頃の話ですが、


大学なんて行く意味がない


という人がいました。
こういう人は大学在学中でも
大卒でも高卒でもいくらでも
いるのものですが、当時の私は
特にこれといって反論もせず、
「まあそういう見方もあるか」
という感じでした。


大学に行く意味、確かに明確に
答えることができる人は実は
それほど多くはないかもしれ
ません。


しかし・・・、肝心なのはここ
なんですが、世の中に大学って
とてもたくさんありますよね。

これはなぜなんでしょうか?
意味が無い機関ならそんなに
あるはずがないのですが・・。



大学がこれほどあって、しかも
週刊誌なんかでも「〇〇大学に
入った人の出身高校ランキング」
という特集を見ますし、大学と
いうものに対して一定の関心が
世の中にはある、ということは
事実です。


でも人によっては「大学なんか
行く必要がない」という。
ここに妙なギャップがあるわけ
です。



よ〜く考えてみますと、「大学に
行く必要がない」という人の見方
のたいていは主観から来ている
ものです。その人本人、もしくは
友人、家族、職場の人程度の
エリアの人の見方、考え方から
強く影響を受けていることが
多いです。



しかし客観で見ますと世の中には
大学が腐るほどあって、しかも
行きたい人はいつの時代でも
一定数いるわけですね。






大学に行く必要はない


という話、この話の中の主観は
一体何割なんでしょうか?
これに対して客観の入る余地は
ないのでしょうか?



人の話の中で主観の割合がとても
高い、もしくは逆に客観の割合が
とても高い、という話をする人は、
私はあまり話をする必要はないと
感じています。(カウンセリング
の時は別です。むしろ主観と客観
のバランスを取ろうとすると思い
ます)


といいますのも、主観がとても
高い、という時は自分の見方しか
ない
わけで、客観を否定している
ことが多いですし、客観が入る
余地が無い時は「自分がいかに
正しいか、いかにまわりが間違
っているか」
という状態になり
がちだからです。


逆に客観がとても高いという時は
自分を守っているというか、単純
に情報だけで優位に立とうとして
いたり、単に情報の羅列だけで
満足している、という状態になって
いることが多いのです。これは
単に情報の交換であって、仕事的
なことでは意味がありますが、
それ以外だとそれほど意味は
無いように思います。


なので人(自分)と会話している
時、一体主観が何割で、客観が
何割なのか
を意識したほうが良い
と思います。理想の割合は5:5
だと思いますが、なかなかこう
いかないのが普通でしょうね。




posted by ごくう at 11:27 | Comment(0) | 「生きる力」日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする