2018年08月26日

人の見えないところでの行動や言動がその人の本性を現す。お天道様は見ている、という話。




あまり人の見ていないところ
(目立たないところ)で良い
行いをするか、悪い行いを
するかでその人の器や本性が
分かります。


人の見ていないところで人を
コントロールしようとして、
人の悪口ばかり言ったり、
噂話をしている人は、そこに
時間をかけている割に色々と
成果を出せません。



それは当たり前の話で、人の
悪口を言ったり噂話ばかり
言っていてもたいしていい
ことがないから(時間の無駄
だから)
です。


でも人の悪口や噂話は楽しい。
たまにはストレス解消に良い
と思いますが、それが日常化
している人
は器が小さかったり
性格が歪んでいる人と言える
のかもしれません。


逆に人の見ていないところで
自分を成長させたり、良い
行いをしている人は、多少
時間がかかったり失敗したり
もあるでしょうが、結果的に
成果を出せることが多いように
思います。


「いつの間にか力を付けた」

「いつの間にか成長した」



というのはこういう人が多い
ように思います。






でも基本的に「いつの間にか」
というのは無いんですよね。


人が見ていないところで地道に
コツコツとやってきた結果が
成果を出しているだけで、
「いつの間にか」というのは
そう見えるだけの話。


だから人の見えないところでの
行動や言動というのは大事なの
です。


誰も見てないようなところで
ゴミを拾ってゴミ箱に捨てれるか


スマホが壊れた時、保険を適用
させるために嘘をつくか、つかないか




こういう日頃の行動は何気なく
言動・行動に出ます。

日頃から悪い行動をしている人は
自然に悪い行動をとる。逆もまた
然り。


人が見てないな〜、けどお天道様
は見てるよ、
という昔の人の教え
はとても大事なような気がします。




posted by ごくう at 13:01 | Comment(0) | 脱コントロール思考 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする