2018年07月16日

恥ずかしながら・・・若い時に仕事で「成長、成長」と言われた理由がやっとわかった




20代の頃、仕事で会社から自分の
成長についてよく言われました。
上司からという場合もあれば
会社からという場合もありま
したが、いずれにしても目標
管理面談などで頻繁に言われた
ものです。


ですが当時の私はあまりピンと
来ていなくて、
成長、成長と
言われてもそれがどうして
なのか、そんなこと言われても
一体何をしたらいいのか、上司
と飲みにでも行けばいいのか、
資格でも取ればいいのか、それ
とも普段の仕事にもっと熱を
入れろということなのか、
本当
にピンと来なかったのです。


まあ正直言って20代、30代
の頃なんて仕事にそれほど
熱が入っていなかった、と
いうのが本音(笑)。



でも、40代になってすごく
分かるのは、新しいことに
対して保守的になるし、
覚えも日に日に悪くなるしで
どうしても楽なほうへ、楽な
ほうへとなりがち。

もう自分が成長っていう感じ
でもなく、いかに若い人を
育てていくか、そういう感覚
なんです。


でもよく考えると、これが
できるのは20代、30代の頃
に知らず知らず(?)のうち
に身に着けた知識だったり
経験だったりする部分が多い
から
なんですよね。


つまり20代、30代で蓄えた
スキルを40代に入ってから
かなり放出しつつも、さらに
新しい知識もそれなりに仕入
れていく、というそんな
スタンスが40代という感じ。

それならば20代、30代の
うちにできるだけ知識や経験
をストックしておいた方が
いい。そういうことなんです。






自分が20代の頃に成長、成長
と言われてもピンと来なかった
のは、たまたま上司がまだ30歳
位だったのもあるかもしれません。
30歳位の上司も会社からは
「若い人たちの成長を促せ」
なんて言われていたのかも
しれませんが、彼らもまだ
若く、いまいちピンと来て
なかったからしっかりと伝え
られなかったのかも?と今は
思います。


20代、30代で手を抜いて何とか
なってしまった40代は本当に
悲惨です。もう本当に何もない。

さらに若い人は覚えるのが早いし
体力もあるしで「追い越されて
しまうかも」という恐怖もある。
本当はストックがあれば余裕も
あるのでしょうが、ストックが
無い40代はそうも言ってられ
ない。20代、30代のツケが
40代で回ってくるのは本当に
ツライと言えるでしょう。


だから・・・・もし自分が
20代の自分に合えるのなら
言いたいのは、若くて元気な
うちにできるだけ仕事しとけ!

と言いたい。でもまあどうせ
20代の自分なら「仕事漬け
なんてごめんまっぴらだよ!」

と言いそうですけど(笑)。


▼関連記事
自分がロースペックに流されてないか
確認する方法



[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

20代 仕事の原則 10年後、後悔しない生き方 [ 古川 裕倫 ]
価格:1512円(税込、送料無料) (2018/7/16時点)



posted by ごくう at 23:04 | Comment(0) | 仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする