2018年07月08日

自分がロースペックに流されてないか確認する方法



最近40代になってつくづく思う
ことは


40代ってほんと今までの過ごし方が
差に出るよな



ということです。


過ごし方と書きましたがもっと
言うと「生き方」のようなもの
かもしれません。


20代、30代をしっかり地に足を
つけて過ごしてきた人は、40代
になってもまだまだ「伸びしろ」
というか、「これから」という
感じがする。



逆に40代になって「ああ、この
人はもう終わりだな」と思って
しまう人は、「もう完全に伸び
ようが無い」感じ
で、あとは
もう消化試合か、ダウンして
いくしかないようなイメージ。


この差がとても大きいのです。


20代、30代の頃には同じような
レベルで見られていたけど、
実は明らかにレベルが違って
いて、本当はもっと上に行ける
人なんだけど同じようなレベル
に見えるから


あんなに頑張らなくてもいいのに


やってもやらなくてもたいして
変わらないのに


なんて軽くバカにされていた
ような人が、40代になって地位
が上がった途端、本来の力が
発揮されて、周りも認めざる
をえなくなってメキメキ頭角を
現す。


こんなパターンを見てきました。


それで「伸びしろがない40代」が、
ほとんどやっかみで「できる40代」
を小馬鹿にしたりする場面を飲み屋
でたびたび見かけるのですが、その
ようなパッとしない40代の人たち
にはある共通パターンがあることに
気付きました。


それは


話の内容、レベルが10年前と
何一つ変わっていない



ということです。


10年も経てば色々な意味(仕事、
プライベートなど)で変化がある
はず。ところが伸びしろの無い
40代の人は、自分が変われて
いないせいか、話の内容もレベル
も10年前とほとんど一緒
なのです。


このような人たちは


飲んでいる人も、
飲んでいる人たちのレベルも、
飲んでいる店のレベルも、



ずっと一緒なのです。






ずっと同じような話を、ずっと
同じようなレベルの人と、同じ
ようなレベルの店で飲んでいる。


このような環境にずっといると、
自分がどんどんロースペックに
流されていきます。



なぜなら・・・、ハイスペックの
人ほど、どんどん環境が変わって
いく(自分からも変えていく)
ので、いつまでも同じような人
たちと、同じような店で飲んだり
は絶対しません。



ただワイワイやっていれば楽しい
というのはせいぜい20代までで、
それ以上の年齢になったら年相応
の振舞いができないと単に


ハイスペックに妬みを持つ
ロースペックの集まり



になってしまいます。


もし自分が知らず知らずのうちに
ロースペックに流されていないか
気を付けるとしたら、



10年前と話す内容、レベルが同じか
どうか


10年前と比べて同じような人と
飲んでいるか、いないか


いつも同じようなメンツで同じ
ような話ををしていないか



ということだと思います。もしこれらに
当てはまってしまうのなら、もうすでに
ロースペックにドップリ浸かっていて、
「ロースペックの方が楽しい!」
なってしまっているかもしれません。
まあこれも人それぞれの生き方ですから
否定はできませんが、ただ・・・、
10年も20年も同じようなことばかり
話している関係しかない、というのは
どうなんだろう?
と私は思います。


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

一流の男が絶対にしないこと [ 里中李生 ]
価格:1296円(税込、送料無料) (2018/10/28時点)

楽天で購入


posted by ごくう at 12:16 | Comment(0) | 「生きる力」日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする