2018年06月02日

とても良い記事:転職でモテる「サーバント型」上司 部下育つ奉仕力



とても良い記事でしたのでご紹介。
まずは記事のポイントの引用です。


--------------(引用)------------------


近年、転職市場で評価が高まっている
「サーバント型」のマネジャー。
サーバントとは召使や奉仕者といった
意味で、従来の命令型のリーダーと
異なり、チームのメンバーを「奉仕」や
「支援」を通じて育て、チーム力を向上
するタイプ
です。


 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・

 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・

 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・

 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・


「サーバントリーダーシップ」は、
米国のロバート・K・グリーンリーフ
博士が提唱した、
「奉仕こそがリーダーシップの本質」
という考え方。リーダーの役割とは
「指示を与えて遂行させる」のでは
なく、「ゴールを示した上で、メン
バー自身の考え方・やり方に任せ、
目標実現をサポートする」
という
ことです。


 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・

 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・

 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・

 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・


(1)自分がオープンに話し、本音を引き出す


(2)わかりづらいメンバーは周辺から
  情報収集を


(3)個々の強みが生かせるチャンスを作り、
  提供する


(4)やり方は任せ、「自分でやり切った」感
  を持たせる


(5)失敗を許容し、「私が守る」というスタ
  ンスを見せる



 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・

 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・






 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・

 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・


私はメンバーの失敗をとがめたり責めたり
することもあえてしませんでした。メンバー
が失敗を恐れ、チャレンジしなくなることを
防ぐため
です。


これは、あるメンバーから言われた言葉です。


「自分が『見守られている。許容されている』
という安心感があったから、新しいことに
チャレンジしてみよう、という気持ちになれ
ました」



組織で働いていると、「失敗したり叱られ
たりするのは怖いから、余計なことはしな
いでおこう」という自己防衛に走りがちです。
でも、それでは成長を促せません。私の場合は、
「思いついたことは、どんどんやっていい。
それで失敗しても、私がすべて責任を取る。
必ず私が守る」
というスタンスでメンバーに
接していました。


人は「これはやめておいたほうがいい」と
考えるときの脳と「これを試してみよう」と
考えるときの脳を比べてみれば、分泌される
アドレナリンの質が異なっているのではない
でしょうか。後者のほうが、きっと楽しいし、
やりがいにつながると思います。


マネジャーが、「失敗を許す、受け入れる」と
いうスタンスを持つことで、メンバーの成長が
促進されます。
そうして、「指示だけこなす」
のではなく、「自走できる」メンバーが育てば、
結果的にマネジャーである自分も細かく指示を
与える時間を省けて、付加価値の高い仕事に
シフトできます。
・・・・


▼引用:日経スタイル
転職でモテる「サーバント型」上司 
部下育つ奉仕力


--------------(引用)------------------






私の今いる会社の初代の社長は戦前
生まれの人で、その影響を強く受けて
いるせいか会社の雰囲気はあまりいい
意味でなく「古い雰囲気」
です。


社長のリーダーシップがあった、と
言えば聞こえはいいですが、悪く
言えばワンマンタイプ。そしてその
下で育った現在の60代の人たちは
指示がなければ動けない人が多く、
また部下に対しても一方通行型の
指示を出すことが多い(一方通行型
のスタイルしか知らない)
ので、
若い世代の人たちはウンザリして
いる、
というのが現状です。


でもこんな感じの会社、今の日本は
割と多いのではないでしょうか?


そんな中、この記事にあるような
サーバント型のマネジャーが評価
されてきている、ということは、
従来のワンマンタイプはもういいよ、
もっと言えば「もう退場してくれ」
ということの現れなような気が
します。高度成長の時はワンマン
タイプでも良かったのかもしれま
せんが、現代のような時代にはワン
マンタイプはもう合わないことの
方が多いのもしれません。


しかし調べてみるとサーバント型の
リーダーシップ論はもう50年近くも
前から存在してた
わけで、これまで
サーバント型が注目されなかったのは
もしかすると日本独特の制度(年功
序列や先輩後輩をやたらと重んじる、
など)の影響があったのかもしれま
せん。


リーダーシップというとグイグイ
引っ張っていくイメージがあります
が、実はよくできたリーダーほど
周りの意見を聴きますし、何より
フォロワーシップも上手い。

そもそもフォロワーシップが下手な
優秀なリーダーって見たことが無い
ですし・・・。


なので真のリーダーとはこのような
サーバント型のリーダー
なのかも
しれません。組織の大小に関わらず
サーバント型のリーダーが必要な
時代。そんな気がします。


▼関連記事
チームをまとめることがうまい
リーダーは、たいてい「障害を取り
除くことに熱心」で「気前がいい」。






posted by ごくう at 11:54 | Comment(0) | 仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする