2018年04月30日

感じの良い50代になるために若いうちからやるべきこと



私は今40代ですが、年をとるに
つれ


ああ、年をとるって案外難しいな


と思います。


というのも・・・年をとるごとに
性格が悪くなっていく人も結構
いるので(笑)。


これはもう子供の頃からずっと
「何で年寄りは性格悪い奴多い
んだろ?」
と思っていたのですが、
最近その理由が分かりました。
今回は20代、30代、40代と年代
ごとに書きたいと思います。






20代は基本的に仕事も人生も何かと
「まっすぐ」。経験も少ないですし
「まっすぐ」な故に失敗もつきもの
ですが、それでもたくさんのことを
吸収していく大事な時期。


そして30代は20代の経験を踏まえ
つつ、さらに色々とチャレンジして
みる年代
だと思います。この年代も
成功やら失敗やら色々あると思い
ますが、これらはすべて自分の器を
大きくする要因となります
ので、
基本的に無駄なことはないかと。


そして40代。ある意味ここが分岐点。
20代、30代とキチンとやってきた
人にとっては40代は力を存分に発揮
したり、さらに力を蓄えたりする
(マネジメントスキル、ヒューマン
スキルなど)時期。


しかしながら20代、30代をキチンと
やってこなかった人は、基本的に
斜に構えている
からか、40代は
めちゃくちゃ力を発揮しにくい。

というか20代(まっすぐに)、
30代(色々な経験)をまともに
やってこなかった人は、40代は
もはや斜に構えるしかない(笑)。

なぜなら下の世代もそれなりに
力を付けてくるし、自分の世代は
バラツキが激しくなる世代だし、
で、自分の立ち位置が微妙に
なってしまう人が多いのが40代。


20代にまっすぐな姿勢を身に着けて
いる人は、40代でもまた新たな
ステージ(管理職等)でもまっすぐ
に取り組もうとするから、こういう
人は若い世代からも支持されやすい

ですが、そうじゃない斜に構えて
批判ばかりしているような人は、
自分のポジションに不満たらたらで
文句ばかり言っているのだけ。
だからモチベーションの高い若い
世代からは支持されない。



40代はそういう意味で20代、30代
までの中間決算的な年代であり、
その中間決算によって色々見たく
ないものまでまざまざと見せつけ
られてしまう
ので、何かと問題が
起きやすい年代なんだと思います。


この中間決算の40代でキチンと
やっていることができれば、清々しい、
気持ちの良い50代になれるのでは
ないでしょうか。



自分が見てきた50代の人で
「あ、この人感じいいな」
と思わせてくれる人は、たいてい
40代がうまくいっていそう
です。


でも40代がうまくいくためには
20代・30代をしっかりやらないと
ダメなわけで、結局感じの良い
40代、50代というのはもう20代
からの蓄積そのもの
なんですね。


そう考えると40代、50代で
いきなり「感じの良い中年になり
ました」ということはあり得ない
わけで、結局のところ若いうち
からの蓄積、つまりこれこそが
「器」かと。


自分は20代の頃はこんなことは
まったく意識をしていなかったの
ですが・・・、もっと早く気付く
べきだったと思います。どうせ
年を重ねるなら、感じの良い中年
になりたいですからね。




posted by ごくう at 22:48 | Comment(0) | 「生きる力」日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする