2018年04月15日

評価者である前に理解者であれ!


人と話をしていると「何か
不愉快だな」
と思う人の
話し方をよくよく観察して
みると、やたらと自分が
評価者であるような話し方を
している
ことに気が付きました。


このような話し方をする人には
学歴が高い、会社で役職が高い、
という人もいるのかもしれま
せんが、一概にそうとも言えない
というのが私の印象です。つまり
評価者風に話す人は学歴や役職の
ようなものではなく、一種のクセ
のようなもの
なのかもしれません。


ですがこのクセ、最初のうちは
我慢もできますが、付き合って
いくとだんだん不愉快になって
きます。「あなたは一体何様
なの?」
とどうしても感じて
しまうからです。まわりにこの
ような評価者風の話し方をする
人がいるといつの間にか感染
してしまうこともあるので注意
が必要
かもしれません。


この評価者の視点が怖いのは、
評価者のような視点ばかりで
人やモノを見ていると、次第に
人やモノを「理解しよう」と
しなくなってくる
ことです。


相手を理解しようとするよりも
評価してしまう。



こうなると相手のことを見よう
ともせず、見ないで一方的に
評価してしまうようになります。


相手を見ないで評価するなんて
基本的にはあり得ないと思うかも
しれませんが、評価者癖がついて
しまった人には理解者の視点が
欠如
していますので、相手を
ろくに見もしないで評価をして
しまうようになるのです。






しかしこれでは人が離れていく
でしょう。
いつも評価者風を
吹かせているけど相手を理解
しようともしない、では人が
離れていって当然かもしれま
せん。


人と話をする時、接する時、
評価者である前にまず相手を
理解しようとする姿勢が大事

なのではないでしょうか。
極端に言えば評価者である
姿勢なんてほとんどいらない

のかもしれません。


人は自分を評価しようとして
くる人なんてだいたい不愉快
に感じるものです。
逆に自分を理解しようとして
くる人には好感を抱きます。



評価しようとする人は相手や
状況をコントロールしようと
する傾向があり、理解しよう
とする人は脱コントロール
いう感じがします。


評価しようとすると何かと
無理が生じ、
理解しようと
すると無理がなく自然体に
なれる
という感じがします。
「評価するより理解しよう」
という姿勢が大事なような
気がします。




posted by ごくう at 10:35 | Comment(0) | 脱コントロール思考 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2018年04月09日

「主語が自分でない人」とは関わらない方がいい



仕事をしていると


「〇〇をこうしてほしい」
「〇〇は何であるの?」
「〇〇は□□だからダメだ」


などと言う人がいます。


上記のように指摘している
点について間違いではない
ことが多い
のですが、でも
このように指摘しても周り
の人が動いてくれる人

動いてくれない人に分かれる
ことが多いです。


周りの人が動いてくれる人と
いうのは、普段から


自分が主語で動いている人が多い


です。


普段から自分が主語で仕事
をしているので、


「〇〇をこうしてほしい」

→自分ならこうする、
 こうやってみる。



「〇〇は何であるの?」

→確かによく分からない。
 だから自分が色々と確認
 してみる。それが分かった
 上で改善案を提案してみる。



「〇〇は□□だからダメだ」

→ダメだから自分が△△して
 みて、ダメを良くしてみせる。



という感じです。


普段からこういう思考・行動で
動いているので、周りもその
良い影響を受けて「じゃあこう
してみようか」
という流れに
なり、色々な知恵が集まって
実際に改善されていくのです。






しかし自分が主語で動くことは
なく、ただ評論家のようにモノ
を言っているだけの人だと、


「〇〇をこうしてほしい」

→自分は何もしない(できない)。
 けどアイデアだけは出したと
 思っている



「〇〇は何であるの?」

→よく分からないけど、面倒
 だから確認もしない



「〇〇は□□だからダメだ」

→その通りだけど指摘して
 いるだけで何もしない



という感じです。


こんな感じで「主語が自分で
ない人」は、何をやっても
つまらないでしょう。



反対に「主語が自分でやって
いる人」は、何をやっても
面白そう
に見えます。


これは仕事に限らず、学校でも
出会いでも同じだと思います。



仕事でも学校でも出会いでも、
自分が主語でいられることが
多い人は魅力的で面白い人が
多い
です。


反対に自分が主語でいられる
ことが少ない人は、受け身な
せいか魅力的ではなく、面白
くなさそうにしている人が
多い
です。


主語が自分でない習慣がついて
しまっている人は、なかなか
自分から変わることができま
せん。特に40代以降になると
その傾向は顕著なような気が
します。


そんな人とはあまり関わらず、
できる限り「主語が自分で
ある人」と関わった方が人生
プラスになるというもの。
主語が自分の人は、自分から
人生を面白くしている人。

主語が自分でない人は、自ら
人生をつまらなくしている人。

自分の人生ですから、面白い
方がいいに決まってますよね。


▼参考記事
「うだうだ言って何もしない人」
よりも「うだうだ言われてでも
何かしている人」のほうが、
ずっと偉い
――秋元祥治『20代に伝えたい
50のこと』





タグ:生きる力
posted by ごくう at 23:12 | Comment(0) | 「生きる力」日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2018年04月08日

〇、〇、×、◎、△、×、◎、△・・・・・・



ある本に「〇〇××〇×・・・
とあった時、自分に自信の無い
人は×の方に着目していて、
自分に自信のある人は〇の方に
着目している」とありました。
まさにその通りだと思います。


どんなことにも〇も×もあり
ますし、常に〇ばかり、×
ばかりという人もいません。

また〇か×かだけでなく、◎
もありますし、△もあるはず
です。


そんな感じなのにどういうわけ
か×ばかりが気になってしまう。

自信が無い以外にある種の完璧
主義のようなものもあるのかも
しれませんが、折角〇や◎が
あるのに、自分は×ばかりだと
思ってしまうのはあまりにもった
いないというものです。


また「人間万事塞翁が馬」
いう言葉もあるとおり、その
時は×だったとしても、実は
その×があったから後に◎に
繋がっていた、
なんてことも
ありますし、逆に◎だと思って
いたら実はそれは一時的な
もので、すぐさま△や×に
突入した、なんてことも
あります。


つまり◎や〇や×に一喜一憂
ばかりするのもあまり意味が
無いですし、×ばかりに目が
行ってしまうのも自分の自信
を無くすだけなのでダメ。


それならそんなものに支配
されずに、日々コツコツと〇
を感じていき、その〇が沢山
溜まったところで大きな◎と
なればそのほうが人生楽しい
というもの
です。






「引き寄せの法則」にも同じ
ようなことが書かれていると
思いますが、日々コツコツと
小さな〇でも良いので感じ
取り、良い気分を増やして
いくことでさらに〇や◎が
増えていくような気がします。

そして×や△の時にでも、
これはいずれ〇に繋がるのだ
と思えば、×や△でもなんて
ことないな
と思えるでしょう。


無理にポジティブになる
必要はないと思いますが、
日々の中で〇はしっかりと
感じ取ることは必要だと
思います。



▼関連記事
「ケガをして良かった」「病気に
なって良かった」という祖母の教え





posted by ごくう at 16:43 | Comment(0) | 脱コントロール思考 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

自分が提供側か消費側かの自覚はある?この差はとても大きい。



様々なことに提供側の面と消費側
の面があります。サークル活動、
家のこと、仕事。友人関係、日々
の生活・・・etc。


これらほとんどのことで提供側
なのか、それとも消費側なのか
を意識する
必要があります。


例えばゲーム。私はゲームが好き
ですが、常に消費側です。自分で
ゲームを作ったことはないので
提供側になったことはありません。


あるいは家のこと。私は父親です
ので、家族で旅行に行くことを
提案したり、たまには外食でも
して何を食べようかと言ったり
することもあります。家では
提供側のことが多いですね。


と、こんな感じで自分が提供側
にいるのか、それとも消費側
にいるのか、そこを自覚する
必要があるのは、常に消費側
にしかいないと自分がいつの
まにか「いつもお客様」に
なってしまうから
です。


友人関係でも仕事でも家でも
「いつもお客様」意識の人は
どこか受け身で、そして平気
で文句を言ってくることが
多いです。例えば旅行に行こう
といっても「飛行機は嫌だ、
バスは嫌だ、〇〇が食べたい」

などと文句ばかり。自分では
手を貸さずに平気で状況を
コントロールしようとして
しまうのです。
このような人は基本的に提供側
にいない(なったことがない)
人です。






一度でも提供側にまわると、
「飛行機は嫌だ、バスは嫌だ」
とはなかなか言えません。
それは企画する側(提供側)の
気持ちが分かるから
です。
しかし提供側になったことが
ない、もしくは提供側の経験
が少ないと、どうしても消費側
の目線でしか見れなくなり、
ついつい簡単に文句を言って
しまうのです。


提供側の経験がなくても、せめて
提供側の気持ちは分かったほうが
いい。私はそう思っていますが、
これにはリーダーシップの経験
あればそれでたいてい分かると
思いますので、そういった意味
でも若いうちからリーダーシップ
を経験することはとても大事だ
と思います。


今の世の中は店だ、スマホだ、
ネットだ、と情報にあふれて
いますが、これは生きている
だけで消費側にまわることが
多いと言える
と思います。
消費側は提供側の人が事前に
用意してくれるのでラクですし
楽しいのですが、時には提供側
にまわり、提供側の気持ちも
理解しないとまずいでしょう。
今の世の中はこのあたりを
注意して生きていかないと
いけないのかもしれませんね。


▼関連記事
ハタをラクにするから「働く」。
自分がお客様意識になっていないか
注意する。





posted by ごくう at 00:11 | Comment(0) | 脱コントロール思考 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする