2018年03月31日

やりたいことがない・自信がないと馴れ合いを求めるようになる



みなさんの職場では友達感覚
というか馴れ合いのような
関係を求めている人はいますか?


仲が良い、コミュニケーション
が活発というよりは、友達感覚
(馴れ合い)のような感じ。

年代を問わず、どの職場でも
見ることだと思います。


ネットで調べると「職場では
友達はいらない」
という意見も
あるのですが、そもそもどうして
職場で友達感覚・馴れ合いを
求めてしまうのでしょうか?



私が思うところ、結局


・仕事(自分)に自信が無い、
 だからつるむと安心


・仕事でやりたいことがない



というところから職場に友達
感覚を求めてしまうのだと
思います。


職場で仕事より友達感覚を優先
してしまうと結構大変です。

上司・先輩であっても毅然と
した態度が取れず、統制が
取れなくなることもありますし、
キチンとやっている人・成果
を出す人よりも友達感覚の人が
優位に立ってしまうことがある
からです。そうなると職場の
モチベーションは下がる一方。

新しいアイデアや改善も生まれ
にくくなるでしょう。






新しいアイデアや改善案の対極
にあるのが友達感覚・馴れ合い
です。友達感覚があれば仕事の
成果(精度)なんて関係ない。
そう思っているのが先なのか、
それとも友達感覚が行き過ぎて
しまってそうなったのか分かり
ませんが、いずれにしても


「やりたいことがない」

「やることが分からない」

「自分(仕事)に自信が無い」



が友達感覚優位を生み出して
いるように思います。


職場に限らずどんなところでも
やたらと馴れ合いみたいな感覚
を持ち込もうとする人には注意
したほうがいいかもしれません。
特に40代以降で馴れ合いを求める
人は「四十にして惑わず」に
なっていない人
ですから、人生
の棚卸しが出来ていない人
です。
まだまだ自分が分からない20代、
30代ならともかく、40代以降で
馴れ合いを求めてくる人には
注意が必要でしょう。




posted by ごくう at 09:54 | Comment(0) | 仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする