2018年02月25日

良い記事:息苦しい職場は人の「主体性」を軽視している それでは生産性も士気も上がらない




まずは記事の引用(一部)から。


---------------------------------------


・・・・・・・


私はいままで企業の一社員として、
2014年秋からはフリーランスに転進
しておよそ50以上の日本の現場と向き
合ってきた。企業に官公庁に地方自治体、
オフィスに工場。業種や職種を問わず、
元気がある職場とそうでない職場がある。

何がその差を生んでいるのであろうか?


元気な職場には、ずばり「らしさ」がある。


・個人「らしさ」


・チーム「らしさ」


・組織「らしさ」



その「らしさ」は、社員の主体性を
伴っている。
社訓を毎朝大声で唱和
させる、などの強制力でもって無理
やり植えつけられたものではない、
内発的動機付けによる「らしさ」
こそ大事
だ。


どんなに残業を抑制して休みを取り
やすくしても、「主体性=(やる気)」
が生まれる環境がなければ、人は
物足りなさを感じる。
仕事をしたいモチベーションが高い
人ほど、意欲をそがれる。組織が成長
し続けるためには、メンバーの主体性を
認め、「らしさ」を発揮できる職場環境
に変えていく必要がある。
では、「らしい」職場とはどうやって
醸成されていくのか? 4つの観点を
紹介する。・・・・・(続く)


引用:東洋経済オンライン

息苦しい職場は人の「主体性」
を軽視している
それでは生産性も士気も上がらない

---------------------------------------






こちらの記事を読んでとても共感
できることが多かったのでブログ
で紹介いたしました。


「主体性軽視の職場」というのは
何だかとても息苦しそうです。
そのような職場だと飲み会をやろうが
一緒にランチに行こうが、とにかく
息苦しそう。
記事にもありましたが
労働時間が長い短いとか、そういう
問題じゃないんですよね、これは。


やっぱり目標・ゴールを設定して、
権限移譲(デグレーション)もして、
けど無理にワクワクさせようとせず、
「まんざらでもないか」という職場
を目指す。
こんな感じが多くの人に
とって主体性を発揮しやすい職場
と言えるのではないでしょうか。


これを書いていてふと思ったのは、
この空気は「イッテQ」のような
ものかもしれません。
内村氏が場を仕切っているように
見えますが、個々の主体性を重視
して、個々が活きるように仕向けて
いる。「イッテQ」はそのような
雰囲気の番組だから家族で安心して
見ることができるのです。だから
視聴率も良いのでしょう。


個々の主体性を出来るだけ発揮
できる職場に。
そうすれば多くの
人(会社)がもっとハッピーに
なれるような気がします。




posted by ごくう at 01:08 | Comment(0) | 仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする