2018年02月19日

「人情がある」とは、真摯さと公平さが伴っている情のこと



よく「人情がある」とか「人情が
無い」と言いますが、この「人情」
とは一体何なのでしょうか。


ネットで調べてみると


・人間の自然な心の動き。人間のあり
 のままの情感。
・人としての情け。他人への思いやり。

引用:コトバンク


とあります。


この言葉の意味は全くその通りだと
私は思います。これを改めて考えて
みますと、つまりは「人情がある」
とは、人に対して真摯さがあって、
かつ公平さがあること
ではないか、
と感じます。






というのは、「人情が無いな」
「こいつは人情より私情で動いて
いるな」という人を見ていると、
人に対して真摯さが無く、かつ
公正さも無い。
つまり「他人への
思いやりがない」のです。


ところがこのような人ほど「人を
助けたい」「人の面倒をみたい」
という人がいるもので、これを
人情だと勘違いしている人が
少なからずいる
のですが、これは


自分より下だと思う人に対して
助けたい、面倒を見たい


という、自分都合の特定の人への情
であり、これは人情とは呼ばない
はずです。


このような人は人情ではなく私情
が強く働いており、そこに真摯さ
や公平さはまずありません。

あるのは自分目線の、自分が上に
立ってるんだぞ〜!という意識が
ベースの情なのです。(このよう
な人は「自分が上だぞ!」という
空気を出さないで接近してくる
ので、そこが厄介なのですが。)






本当の人情とは、特定の誰かに
対して発揮されるものではなく、
全方位的に発揮されるもの。

しかもそれは無理が無く自然で
あり、決して上から目線である
ものではありません。人情と
私情を履き違えている人って
意外と多く、また見分けが
つきにくいと感じる人もいる
かもしれませんが、真の人情
には真摯さと公平さが伴う、

と覚えておけばまず間違いない
と私は思います。


▼関連記事

私情と人情を履き違えない

私情はコントロール、
人情は脱コントロール





posted by ごくう at 23:21 | Comment(0) | 脱コントロール思考 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする