2018年01月02日

どんなバブルも儲けるだけ儲けて勝ち逃げした人が一番賢い



ビットコインを代表とする仮想
通貨がバブルのような状態になり、
今そのバブルが弾けつつあるの
ではないか、というところです。


いや、仮想通貨はバブルなんか
ではなく、従来の法定通貨の
価値がどんどん下がっている
ところだ、
という人もいます。


私は現在の仮想通貨はバブル
だと思っています。



今なのか近い将来なのかは分かり
ませんが、このバブルはいずれ
弾けると考えています。


しかし、ここで大儲けした人に
対して、もしバブルが弾けたと
しても「バカだったな」とか、
「ざまあみろ」というような
考えは私は持ちません。



むしろ


「よくやったよね、スゴイ!」


と思いますし、尊敬すらします。


というのも、バブルであれ何で
あれ、何かしらの上昇気流に
乗って儲けたことができたの
ですから、そこは素直にスゴイ
と思います。






よく1989年のバブル崩壊で


「株なんかに手を出すもんじゃ
ない」


「私はあの時、株になんか手を
出さなかったから大損しないで
済んだんだ」



というようなことを言う人がいて
ゲンナリさせられます。こういう
ことを偉そうに言う人は負けも
無いでですが勝ちもない。
はっきり言えば土俵にすら上がら
ないでただ傍観していただけ
なの
ですから、暴落した時にだけ
偉そうに言う資格はないのだ
と思います。


たしかに高値で株を掴んでしまい
大損したらそりゃ笑われても仕方
がないかもしれませんが、でも、
確実にバブルに乗って大儲けして
いる人は存在しているのです。



今の仮想通貨バブルが崩壊したと
しても確実に儲けている人はいる
はずです。その人は勝者です。


しかしバブルだと思ったらすぐに
撤退し、儲けを確定して逃げること
ができる人が一番賢く、本当の勝者
だと私は思います。



いつバブルは弾けるかは誰にも
分かりませんが、ただよく言われる
のは


バブルがバブルだと思われなく
なったら、それはバブルが弾ける
前触れ



とか、


若い女の子や子供までもが投資
に興味を持ち始めたらもうその
相場は終わり



という話があります。


バブルの時はどういうわけか
いつまでも上昇すると思われ
がちです。でもどんな相場でも
そんなことはありえない。


また投資なり投機なり、そこに
興味を持つ層はだいたい決まって
いるのに、普通に考えて絶対興味
なんかないだろうという世代の人
(若い女の子や子供)
が興味を
持ち始めたら、もうその相場は
終わりつつある、ということです。






最近はスマートニュースなどでも
よく「まだ仮想通貨に投資して
いないの?」
という記事を見かけ
ます。またツイッターでも若い
女の子が「仮想通貨始めました」
と書くのをチラホラ見かけます。


これらを見て、私はもうそろそろ
終わりかな
と感じました。



じゃあ仮想通貨は無くなるのか?


それは分かりませんが、私の少ない
知識で知る限り、現在の仮想通貨は
「お試し期間」であり「壮大な実験」
なのではないでしょうか?


▼参考記事

「ビットコインの次」すでに始まった
金融革命に乗り遅れるな
これが「ブロックチェーン」の真の力だ



気になる記事:ビットコイン消滅?
「暗号通貨の勝利」を確信する
IMFラガルドが描く未来



ブロックチェーンの技術は世界で
使えそうですから、その技術を
民間の仮想通貨に持っていかれたら
世界の国家は面白くないですよね。

じゃあ世界のため、国家のために
ブロックチェーンの技術は使わせて
もらいましょう、
となりそうです。


その時、今の仮想通貨はどうなる
のでしょうか。実験に多大な貢献が
あった一部の仮想通貨は残るかも
しれませんが、大多数は消えて
しまうのではないでしょうか。



だからバブルは儲けるだけ儲けて
逃げた人が勝ち!
だと思います。




posted by ごくう at 16:24 | Comment(0) | ただの日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする