2018年01月01日

幸せとは、客観的に、バランスよく、脱コントロールの状態で生きること。




「幸せ」とは一体何でしょうか。
この漠然とした問いに人は昔から
問い続け、研究を重ねてきたよう
に思います。


私も色々「幸せ」について本を
読んだり、自分の経験を通じて
考えてきました。「幸せ」とは
人によって異なりますので、


「〇〇なら絶対幸せ」


という決まったものではありませんが、
ある程度の共通性はあると思います。


そこで私なりに考えた「幸せ」に
ついて書きたいと思います。






私なりに考えた多くの人に共通
する「幸せ」とは、以下の3つの
状態で生きている時のことです。


----------------------------------

【1】
 主観より客観が優位になっている
 状態にあるとき


【2】
 何かに極端に偏りすぎず、様々な
 チャンネルにバランスよく関与し
 ているとき

 (ただし一時的に極端 に偏りが
 生じる時もある。それは 経験と
 して必要な時であり、一時的な
 偏りなら別に問題ない)


【3】
 脱コントロール状態にあるとき


この【1】〜【3】の状態で生きているとき、
人は「幸せ」だと感じる。



----------------------------------







上の【1】【2】について一言で言うなら


「自分に、他人に、人生に、様々な
ことに対してニュートラル」



ということです。


とても参考になるわかりやすい
図が以下のサイトにありました
ので、参考にしていただけると
よいと思います。


▼参考記事

不幸の原因はあなたの心にあった…
「幸せになりやすい人」が実践する
気持ち習慣



自分がどの位置にいるのか、どんな
思考のクセがあって、どんな偏りが
あるのか。


これを客観視すればするほど、自分の
現在の立ち位置、自分の生き方、考え方、
そして自分が今そう考えるようになって
いるベース(原体験)が分かりますので、
どういうことを目指せば自分の考える
幸せに近づくのか、理解できるのです。


しかしこれは容易ではありません。
自分を客観視する(自分と向き合う)
ことがある意味一番難しい。だから
自分を客観視し、自己理解を促進
させてくれるためにカウンセラーの
ような職業があるのです。


裏を返せば、自分のことを主観的に、
バランス悪く、様々なことに対して
ニュートラルな状態でない状態で
生きている人は不幸せだと感じる
確率が高い
ということです。







そして最後に【3】ですが、


幸せとは脱コントロールの状態である


ということです。


様々なことに対して客観的で、バラ
ンスよく、ニュートラルな状態で
あれば自然と脱コントロールになる
のだと思いますが、脱コントロール
であればニュートラルな状態に近づく
とも言えます。


どちらが先でも問題ないとは思います
し、ある意味で同義のようなところが
あると思いますが、やはり意識として
「コントロールを極力しない」という
視点は自制を促す意味でも大事だと
思います。コントロールをしようと
すれば客観的、バランスからは次第に
離れていき、非ニュートラル→コント
ロール思考に繋がっていってしまい
ますから・・・。


▼関連記事

良い記事:「才能と収入は別、努力は
人を裏切ると心得よ」水木しげる
人生訓「幸福の七か条」に大反響





posted by ごくう at 23:41 | Comment(0) | 脱コントロール思考 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする