2017年11月14日

とても良い記事:心が強い人は「無理なやる気」を手放している



やる気がある、やる気がない、と
よく言いますが、「やる気を出す」
とは一体どうすればいいのでしょう?


私は「やる気を出すぞ!」と思って
しまっている時点で「やる気なんか
あるわけない」と思ってしまう

いう、極めて冷静な人間なのですが、
この記事を読んだら少し安心しま
した(笑)。
やる気がある、ない
に関わらず定期的に読みたい良い
記事
です。






-------------------------------------


(途中省略)


「やる気の出し方」のコツは、シンプルです。


1. 感情のないニュートラルな心で、ていねいに
  作業する
2.「快」のある方向性を確認する
3. 喜びの感情をもっと積極的に感じるようにする



この3つを実践すると、やる気が上がって、
効率は大幅に向上、“人生全体の生産性”
も格段に上がります。
具体的に説明しましょう。


「感覚に帰る」ことが成果を上げるカギ


「ニュートラル」とは、「快でも不快でもない
(感情のない)精神状態」
のことです。
(詳しくは前回記事でも紹介しています)


「感情のない心の状態」が大事なのは、
「心の消耗(ロス)」を防ぐため。そもそも、
心がムダな反応を繰り返していたら、楽しさは
湧いてこないし、自分らしさも能力も発揮でき
ませんよね。


仕事や学び、プライベートでも、実は「ニュー
トラル」な精神状態が出発点になります。
そしてこれが、何よりも重要です。


ニュートラルな状態になるには「体の感覚を
意識する」こと。
雨の日は鼻先で「空気の潤い」
を感じる。夏の日は暑さや室内の冷気を肌で
感じる練習をします。






「感覚」がカギとなって、気分(感情)が
リセットされ、作業に集中できる状態に
なります。自分がめざす目標の達成も
可能になります。「心をニュートラルに
保つ習慣こそが、頑張る人の基本」
だと
いうことです。


仕事でも同じです。そこで、楽しく働き
最高の成果を上げるために「ニュートラル
に仕事を始める」こんなプチ修行をやって
みましょう――。


(途中省略)


意外かもしれませんが「さぁ頑張るぞ!」
「やらなければ!」ではないのです。

手のひら・指先を意識して、「ニュートラル
な心で、ちょっと緻密に」始めるのが、コツ
なのです。


この「ニュートラルに、ていねいに」は、
いろいろな可能性を持っています。気分転換、
リラックス、ストレス解消、趣味を楽しむ、
仕事に集中する――どれも、マイナスの感情
や妄想(つまり雑念)があったら、うまく
いきません。・・・・・


引用:東洋経済オンライン
http://bit.ly/2AFXMg6
-------------------------------------






やっぱり「やる気」って勢いドンドン
だけじゃないな、とつくづく思いました。
勢いドンドンだけの人はどこかで必ず
息切れしてしまう(それも結構早い段階
で)のです。



それよりもコツコツ、そして確実にやって
いく人というのは、どこか冷静であって、
でも冷めてもいない、というそんな感じ
がします。
それはこの記事にもありました
が、


「快ある方向性を見すえつつ、目の前の
作業にニュートラルに集中する」

(引用:http://bit.ly/2hqIHY3


という感じだからでしょうか、やはり心
の使い方がうまいなと思います。


やる気は瞬発的には誰でも出せますが
継続して出すにはやり方がある。
そんなことを学べた気がしました。




posted by ごくう at 23:58 | Comment(0) | 「生きる力」日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする