2017年11月07日

良い記事:職場の人との距離感は、淡いくらいがちょうどいい



職場での悩みや問題の第一位は
「人間関係」だと言われています。
職場で過ごす時間は長丁場になる
ことが多いですから、良好な人間
関係が築けるか築けないかはとて
も重要と言えます。


でもちょっと考えてみてください。
「良い人間関係」とは一体どんな
ものなのでしょう?


仲の良い友人のような関係、家族
のような関係、いろいろとある
でしょうが、職場で過ごす時間
はとにかく長丁場。本当に友人
のような関係や家族の関係が良い
と言えるのか、今一度考えてみる
必要があると言えそうです。


今回ご紹介する記事はそんなことが
書かれています。私はこちらの記事
タイトルの通り


職場の人との距離感は、淡いくらいが
ちょうどいい



と思います。長丁場だからこそ淡い
くらいの関係がいい。ベタベタせず、
かといってドライすぎず。
そのくらい
の距離感が良好な関係を築くコツなの
ではないでしょうか?






-------------------------------------


働く女性のお悩みランキングで
常に上位を占めているのが、
"職場の人間関係"です。


年齢や役職、業種関係なく、ほぼ
全ての人がもつ共通の悩みのよう
です。


恋愛や友情など人間関係ではほど
良い距離感が大切だ
と言われて
いますが、職場の同僚や上司との
関係についても同じことを主張
しているのが、「職場で幸せに
なるために(原題:"How To Be
Happy At Work")」の著者アニー・
マッキー氏。


企業番付「フォーチュン500」に
掲載される大企業や政府機関への
アドバイザーや、ペンシルベニア
大学教育大学院シニア・フェロー
として活躍しています。・・・・・


(途中省略)


タレントで作家の美輪明宏さんも、
著書やインタビューなどで


「人間関係は腹6分」


というルールをよく主張されています。
あらゆる人間関係は、腹8分よりも
さらに少ない腹6分くらいの気持ち
でいると一番上手くいく
のだそう
です。


そして、


「君子の交わりは淡き水の如し」


という古い格言もあります。
ベタベタした付き合いは長く続かず
必ず早い段階で破たんするもの
なので、優れた人ほどいつも適度
な距離感を保ちながら人に接する
という意味です。


また、一度心を全開にしたら、
そこからずっと同じ調子で濃密に
接するのも考えものです。ほとん
どの人は時間とともに少しずつ
変わっていくものだからです。


相手の状態を常によく見ながら、
向こうが一歩引いたらこちらも
一歩引く......という風に繊細
な距離感を心がける
と良いかも
しれませんね。


引用:cafeglobe
http://bit.ly/2znfeGw
-------------------------------------



posted by ごくう at 22:00 | Comment(0) | 仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする