2017年11月18日

【便利アプリ】思い出の写真をスマホで簡単スキャンして保存できる!「フォトスキャン by Googleフォト」




昔の写真、思い出の写真がアルバム
にたくさんあるけど、写真の劣化は
残念でもいちいちスキャンして保存
するのも面倒くさい・・・。
でも大事な写真なのでデジタル化
して保存しておきたい・・・。


こんな思いを抱いている方は案外
多いのではないでしょうか?



私もその一人です。子供の頃や
楽しかった高校時代の写真が
アルバムでたくさんあるのですが
ずっとそのまま・・・。でもいつか
何とかしないとな、と思ってました。







そのような人にピッタリなアプリが
「フォトスキャン by Googleフォト」
です。


このアプリがいいのはGoogle謹製
というのもありますが、写真補正
(光の反射除去など)してくれたり
そのままGoogleフォトに保存できる

ところです。


何もかも簡単に保存&バックアップ
できるのは本当にありがたいです。



スマホとこのアプリがあれば昔の
写真が簡単にスキャン&バック
アップできるというのは、本当
いい時代ですね!Googleサマサマ
です。


▼アプリはこちら
「フォトスキャン by Googleフォト」





posted by ごくう at 10:48 | Comment(0) | 情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2017年11月14日

とても良い記事:心が強い人は「無理なやる気」を手放している



やる気がある、やる気がない、と
よく言いますが、「やる気を出す」
とは一体どうすればいいのでしょう?


私は「やる気を出すぞ!」と思って
しまっている時点で「やる気なんか
あるわけない」と思ってしまう

いう、極めて冷静な人間なのですが、
この記事を読んだら少し安心しま
した(笑)。
やる気がある、ない
に関わらず定期的に読みたい良い
記事
です。






-------------------------------------


(途中省略)


「やる気の出し方」のコツは、シンプルです。


1. 感情のないニュートラルな心で、ていねいに
  作業する
2.「快」のある方向性を確認する
3. 喜びの感情をもっと積極的に感じるようにする



この3つを実践すると、やる気が上がって、
効率は大幅に向上、“人生全体の生産性”
も格段に上がります。
具体的に説明しましょう。


「感覚に帰る」ことが成果を上げるカギ


「ニュートラル」とは、「快でも不快でもない
(感情のない)精神状態」
のことです。
(詳しくは前回記事でも紹介しています)


「感情のない心の状態」が大事なのは、
「心の消耗(ロス)」を防ぐため。そもそも、
心がムダな反応を繰り返していたら、楽しさは
湧いてこないし、自分らしさも能力も発揮でき
ませんよね。


仕事や学び、プライベートでも、実は「ニュー
トラル」な精神状態が出発点になります。
そしてこれが、何よりも重要です。


ニュートラルな状態になるには「体の感覚を
意識する」こと。
雨の日は鼻先で「空気の潤い」
を感じる。夏の日は暑さや室内の冷気を肌で
感じる練習をします。






「感覚」がカギとなって、気分(感情)が
リセットされ、作業に集中できる状態に
なります。自分がめざす目標の達成も
可能になります。「心をニュートラルに
保つ習慣こそが、頑張る人の基本」
だと
いうことです。


仕事でも同じです。そこで、楽しく働き
最高の成果を上げるために「ニュートラル
に仕事を始める」こんなプチ修行をやって
みましょう――。


(途中省略)


意外かもしれませんが「さぁ頑張るぞ!」
「やらなければ!」ではないのです。

手のひら・指先を意識して、「ニュートラル
な心で、ちょっと緻密に」始めるのが、コツ
なのです。


この「ニュートラルに、ていねいに」は、
いろいろな可能性を持っています。気分転換、
リラックス、ストレス解消、趣味を楽しむ、
仕事に集中する――どれも、マイナスの感情
や妄想(つまり雑念)があったら、うまく
いきません。・・・・・


引用:東洋経済オンライン
http://bit.ly/2AFXMg6
-------------------------------------






やっぱり「やる気」って勢いドンドン
だけじゃないな、とつくづく思いました。
勢いドンドンだけの人はどこかで必ず
息切れしてしまう(それも結構早い段階
で)のです。



それよりもコツコツ、そして確実にやって
いく人というのは、どこか冷静であって、
でも冷めてもいない、というそんな感じ
がします。
それはこの記事にもありました
が、


「快ある方向性を見すえつつ、目の前の
作業にニュートラルに集中する」

(引用:http://bit.ly/2hqIHY3


という感じだからでしょうか、やはり心
の使い方がうまいなと思います。


やる気は瞬発的には誰でも出せますが
継続して出すにはやり方がある。
そんなことを学べた気がしました。




posted by ごくう at 23:58 | Comment(0) | 「生きる力」日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2017年11月11日

46歳人口株価連動説


「根本的に景気動向は人の消費行動に
左右される。人生のうちで一番お金を
使う年代は46歳前後であり、全人口の
うちで46歳人口が最も多くなる時期に
景気は最も良くなる



引用:投信1
http://bit.ly/2yQOx00



このような説を上のサイトで
見つけました。


現在日米ともに株価は絶好調。
特に日本の株価は本当に上がって
きており、まだまだ上がる、日経
平均は3万円くらいまではいくん
じゃないか、
という説もチラホラ。






実際はどうなるかは分かりませんが、
個人的にはどうもこの株価の上昇と
実態経済がリンクしていない
ような
気がしていて不思議でした。
(例えば日産や神戸製鋼や東芝の
問題なんかがあるのに何で?って
ことです。)


しかし上記記事にある、


---------(引用)-------------

その国の株価指数は46歳人口動態と
ピタリと一致する

---------(引用)-------------



ということであれば納得です。
いくら国を代表するような企業が
不祥事を起こそうが、株価的には
たいして関係ないという面がある
のかもしれません。


それにしても、いくら46歳人口
株価連動説があろうとも、
北朝鮮の問題、中国や日本の債務
問題、ビットコインが明らかに
バブル状態、等を踏まえると、
そろそろ冬支度の準備は必要か
とも思います。


引用:投信1
http://bit.ly/2yQOx00





posted by ごくう at 17:43 | Comment(0) | 「生きる力」日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2017年11月07日

良い記事:職場の人との距離感は、淡いくらいがちょうどいい



職場での悩みや問題の第一位は
「人間関係」だと言われています。
職場で過ごす時間は長丁場になる
ことが多いですから、良好な人間
関係が築けるか築けないかはとて
も重要と言えます。


でもちょっと考えてみてください。
「良い人間関係」とは一体どんな
ものなのでしょう?


仲の良い友人のような関係、家族
のような関係、いろいろとある
でしょうが、職場で過ごす時間
はとにかく長丁場。本当に友人
のような関係や家族の関係が良い
と言えるのか、今一度考えてみる
必要があると言えそうです。


今回ご紹介する記事はそんなことが
書かれています。私はこちらの記事
タイトルの通り


職場の人との距離感は、淡いくらいが
ちょうどいい



と思います。長丁場だからこそ淡い
くらいの関係がいい。ベタベタせず、
かといってドライすぎず。
そのくらい
の距離感が良好な関係を築くコツなの
ではないでしょうか?






-------------------------------------


働く女性のお悩みランキングで
常に上位を占めているのが、
"職場の人間関係"です。


年齢や役職、業種関係なく、ほぼ
全ての人がもつ共通の悩みのよう
です。


恋愛や友情など人間関係ではほど
良い距離感が大切だ
と言われて
いますが、職場の同僚や上司との
関係についても同じことを主張
しているのが、「職場で幸せに
なるために(原題:"How To Be
Happy At Work")」の著者アニー・
マッキー氏。


企業番付「フォーチュン500」に
掲載される大企業や政府機関への
アドバイザーや、ペンシルベニア
大学教育大学院シニア・フェロー
として活躍しています。・・・・・


(途中省略)


タレントで作家の美輪明宏さんも、
著書やインタビューなどで


「人間関係は腹6分」


というルールをよく主張されています。
あらゆる人間関係は、腹8分よりも
さらに少ない腹6分くらいの気持ち
でいると一番上手くいく
のだそう
です。


そして、


「君子の交わりは淡き水の如し」


という古い格言もあります。
ベタベタした付き合いは長く続かず
必ず早い段階で破たんするもの
なので、優れた人ほどいつも適度
な距離感を保ちながら人に接する
という意味です。


また、一度心を全開にしたら、
そこからずっと同じ調子で濃密に
接するのも考えものです。ほとん
どの人は時間とともに少しずつ
変わっていくものだからです。


相手の状態を常によく見ながら、
向こうが一歩引いたらこちらも
一歩引く......という風に繊細
な距離感を心がける
と良いかも
しれませんね。


引用:cafeglobe
http://bit.ly/2znfeGw
-------------------------------------



posted by ごくう at 22:00 | Comment(0) | 仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2017年11月05日

【ふるさと納税】北海道雄武町(おうむちょう)のほたて貝柱(5Sサイズ、1kg)に申し込みました





今年2回目のふるさと納税を
しました。今回は北海道雄武町
(おうむちょう)
のほたて貝柱
(5Sサイズ、1kg)、6,000円に
申し込みをしました。


こちらのほたてのサイズは5S
ですが、6,000円で1kgという
高コスパ
に惹かれ、今回初めて
申し込みしました。






我が家はここ2年は北海道
枝幸町
のほたて(3Sサイズ?)
10,000円に申し込んでいたの
ですが、今回5Sサイズで試し
てみようかと。


ふるさと納税のほたては
クリスマスと正月の楽しみ
の一つ。本当に楽しみです!


▼ふるさとチョイス
北海道雄武町
ほたて貝柱(冷凍)

http://bit.ly/2zeV8AM




posted by ごくう at 14:27 | Comment(0) | 2017年ふるさと納税 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする