2017年10月29日

「選択肢が多い・少ない」は、自分で選んでそうなっている



物事を選ぶ時や決める時に


唯一これだけが正解である


ということは少ないものです。
例えばスマホを持つ人は多い
ですが、皆がスマホを持つと
いうことが正解ではありませ
ん。


このようなことは人生を積み
重ねていけばいくほど分かる
ことが多いと感じます。


もう少し例を出しますと、
あることを選択をする時、
自分の中ではAとBという
案を持っていたとしても、
他の人はCとDとEを持って
いるかもしれませんし、
あるいはA'やB''という
選択肢を持っているかも
しれません。


この、自分はAとBだけど
他人はCやDやEやA'やB''
を持っているかもしれない、
自分のAとBが必ずしも正し
いとは限らない、と分かる
ことが精神的に大人になる
ということ
なのだと思い
ます。


だからこそ「自分はAかBだが
他に何かあるか?本当にAか
Bで良いのか?」
とコミュニ
ケーションを取るのです。
これは自分に自信が無い
からなのではなく、精神的
に大人になって器が大きく
なったからこそできるコミュ
ニケーションなのです。





ところが精神的に未熟な人だと
こうはいきません。


自分がAかBなら他人もAかB。
CやDやEやA'やB''は自分の
頭の中に無いからあり得ない。
さらに言うとCやDやEの方が
良かったりしてしまったら、
もっとあり得ない。


精神的に未熟な人というのは
こう考えてしまうのです。


このように相手の立場に
立った上で考えられない
人は、とにかく色々とコン
トロールしようとしてしま
います。まるで仕切り屋の
ような振る舞いで、相手の
立場や考えなんかまったく
考えない。いや、考えられ
ないと言ったほうが正しい
のかもしれません。


これは周りにコントロール
思考の人が多かったから
なのか、それとも見ている
世界が狭いのかは分かりま
せんが、一つ言えるのは、


あなたの考え(選択肢)以外
にも、もっと他のものがあり
ますよ



と言ってくれる人がまるで
いなかった、もしくはその
ような人を避けてきたから
そうなってしまったのだと
思われます。(ある意味
とてもかわいそうな人で
す。)







脱コントロールで考える
ことができる、きちんと
精神的に大人になって
いる人は色々と選択肢が
あることを知っています
ので、


あなたの考え(選択肢)以外
にも、もっと他のものがあり
ますよ



とサラッと言ってくれる
ものです。


そしてこう言われた時に
ムカッとして脱コントロ
ールの人を避けるように
なってしまうような人が
コントロール思考に陥って
いき、「確かにそうだ、
他の選択肢もあるかもな」

と素直に受け取れる人が
脱コントロール思考に
導かれ、ますます多くの
選択肢や有益な情報を
自然と受け取れるように
なっていくのです。


コントロール思考の人は
少ない選択肢しか無く、
脱コントロール思考の
人は多くの選択肢を得る。


ある人のまわりには良い
情報ばかり持ってきて
くれる人がいるのに、
ある人のまわりには
良い情報を持ってきて
くれる人が誰もいない。



この差の根っこには
情報を受け取る人が
コントロール思考か
脱コントロール思考か

という差があるのだ
と思います。この差が
とても大きなもので
あることは言うまでも
ありません。




posted by ごくう at 16:18 | Comment(0) | 脱コントロール思考 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする