2017年10月22日

気になる記事:財政悪化が進んでも警鐘の鳴らない国、日本 衆院選で明らかにポピュリズムに陥った




昨日のブログにも書きましたが
参考:今回の選挙で「円は
バブルかも」と思った

今回の衆院選は財政問題が殆ど
スルーされている状況
です。
消費税を上げて子育て支援に
使う、とか、消費税は10%に
上げません!、いうのも分かり
ますが、果たして今〜未来の
日本を考えた時、果たして
そんな余裕はあるのでしょうか。


というより、もしかすると今の
時点で未来のことなんか考える
余裕もないよ、未来のことなん
かより今の生活をどうにかして!

ということなのかもしれませんが、
問題を先送りしてもいつか一気に
清算しないといけない時が来る

と思います。まあ政治家の方は
そのへんは一番よく分かってい
ると思われますので、財政再建
はもう諦めているのかもしれま
せんが・・・。
そう考えると
かなり恐ろしいものがあります
ので、どんな党が政権を取ろう
とも、私はコツコツと投資信託
などを通じて海外や金に投資
していこう
と思っています。






-----------------------------------


10月22日に投開票が行われる第48回
衆議院選挙において、結局、財政
再建は争点にならなかった。


安倍晋三首相は、2019年10月に
消費税率を8%から10%に引き上げる
方針に変わりはないが、その使途を
従来の「社会保障費」と「後代への
負担のつけ回しの軽減」から「教育
無償化」へ変更するとした。9月28日
の臨時国会で冒頭解散の理由として
「消費税の使途を変更する」ことが
「国民の皆様とのお約束を変更する」
ことにあたるため、「国民の信を
問わねばならない」とした。「教育
無償化」は聞こえのよい政策ではある。

しかし、政策効果について議論が
不十分なことはさて置くとしても、
実現したいならば、ほかの費用を
削って財源を捻出すべきだ。



ところが、今回、自民党と議席を争う
「希望の党」は「景気回復を確実に
するため、2年後の消費税増税を凍結
する」とし、「立憲民主党」も「将来
的な国民負担を議論することは必要
ですが、直ちに、消費税率10%へ引き
上げることはできません」としたため、
財政再建は衆院選の争点から完全に
外れてしまった。
・・・・・・


引用:東洋経済オンライン
http://bit.ly/2yGfemB
-----------------------------------



posted by ごくう at 16:22 | Comment(1) | ただの日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする