2017年09月18日

現実と向き合わずコントロールばかりしている(されている)と精神年齢が低いままになる




物事には何にでも本流(ホーム)と
傍流(アウェイ)があります。
本流(ホーム)を頑張って成果を
出している人は、傍流(アウェイ)
を軽視するわけではありませんが、
あくまで傍流は傍流ということを
わきまえています。
まずは本流で
頑張って成果を出して、それから
傍流に取り組むか、というスタン
スなので、周りからみても気持ち
良いものがあります。


しかし本流(ホーム)がイマイチで
成果も出ないので傍流(アウェイ)
を必死に頑張ろうとする人がいま
す。このブログでもこのことに
ついて色々書いてきましたが、この
ように傍流(アウェイ)でばかり
頑張り、本流(ホーム)をバカに
したり(軽視したり)、下手を
したら自分の本流(ホーム)自体が
何だったか分からなくなって
しまった
、ということもある人は、
次第に人生がうまくいかなくなって
いきます。
これは周りから見ても
「ウザい」ので応援者ができません
し、そもそも本流(ホーム)軽視の
姿勢自体が「この人は一体何がした
いのだろう?」
という、何とも変な
感じな人に見えてしまうからです。


▼過去の関連記事はこちら

自分に自信が持てないとなるキョロ充は
「がんばるポイントが違う」。

http://bit.ly/2xrm5zS


ホーム人間とアウェイ人間
http://bit.ly/2yiR9jj


コントロール思考になると【人生の積み重ね】
ができない

http://bit.ly/2xqTIln






こんな感じで傍流(アウェイ)に
ばかり目が行ってしまうという
ことは、結局のところ


現実と向き合うことができない


ということです。

本流(ホーム)を頑張っている
人はたいてい現実と向き合って
物事に取り組んでいます。

良いにしろ悪いにしろ現実は
現実
ですから、そこに真正面
から向き合って物事に対処し
ようとします。


そうすると不思議なもので、
サポートしてくれる人が出て
きたり、良いアイデアが頭に
湧いてきたりするのですが、
現実と向き合わずに傍流
(アウェイ)にばかりに
意識が行ってしまう人は、
結局のところ逃げているだけ
ですので、根本的な解決には
何もならないのです。


しかしそれに気付かず、この
ように傍流(アウェイ)に
ばかり目に行くことが癖に
なってしまった人
は、いつ
までたっても精神年齢が成長
せず、低いままという状態に
なりがちです。こういう人
ほど


私は精神年齢は低くない。
なぜなら大学も出ているし、
趣味が読書やスポーツなので
精神的に成熟しているはず。
仕事もバリバリやっている。



というような発想になりがち
なのですが、精神年齢とは
趣味とか学歴とか仕事とか
そういう話ではなくて、
要は


「精神的・経済的に自立して
いるか(特に精神的に)」


ということなのではないで
しょうか。






精神的に自立している人は
利他の精神に富み、親や兄弟
や友人、同僚などとも適度な
距離を取りつつ付き合うこと
ができます。
しかし精神的・
経済的に自立できていない人
これができません。経済的
には自立できていたとしても、
それまで現実と向き合わず
コントロールすることで
(本流から目を背け試行錯誤
もせずに傍流にばかり目を向
けて悦に浸っていたことで)
自分(自我)が育っていない
のです。


現実と向き合うとは、自分で
進路を決め、自分で仕事を
選び、自分で恋人や結婚相手
を見つけて生きていくこと

です。学校や会社でも人間
関係の難しさに悩んだ時も
自分主体で解決していこうと
している
人のことです。
(もちろんこれらのことは
すべて一人で抱え込んで、
というわけではありません。)


この反対に「現実と向き合わ
ない」というのは、学校も
進路も仕事も他人(親)の
言う通りにし、恋人や結婚
相手すら他人(親)の判断
を仰ぐ、という姿勢のこと

です。ここに精神的自立は
どこにもありません。


そう考えると自分から現実と
向き合うことを放棄している
場合もあれば、「親などから
コントロールされている」

いう場合もありますので、
後者の場合だと自分で
このことに気付くことは
なかなか難しいかもしれ
ません。


自分から本流と向き合い、
そこに真正面からぶつかって
いくことはとても大変なこと
です。しかしこうやっていか
ないと自立はあり得ません。

いきなり全部を真正面から
ぶつかる必要な無いでしょうが、
精神年齢を高めていくため
にも(本当の意味で自立で
きている人間となるために
も)、少しずつでも本流に
ぶつかっていく練習をしない
といけない
のだと思います。


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

こういうときどうするんだっけ 自立のすすめ [ 辰巳渚 ]
価格:1404円(税込、送料無料) (2017/12/2時点)



posted by ごくう at 12:18 | Comment(0) | 脱コントロール思考 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする