2017年08月16日

気になる記事:「即時再充電可能」なバッテリー技術が誕生、電気自動車の未来を大きく変える可能性




ギガジンに気になる記事が出ていた
ので紹介させていただきます。


「即時再充電可能」なバッテリー技術が誕生、
電気自動車の未来を大きく変える可能性

http://bit.ly/2i3ySCy


記事を読んでいただれば分かるとおり、
すぐに充電可能なバッテリー技術が
開発されつつあるそうです。


日本の自動車業界も電気自動車の
開発をしていますが、やはり現行の
ガソリン車やハイブリッド車に
未練もある感じが・・・。


▼記事はこちら
マツダが世界初の圧縮着火エンジンを発表!
http://car-moby.jp/233372





このような中、日本製紙でも
自動車に使えそうなCNF(セル
ロースナノファイバー)という
”樹脂と混ぜて固めれば、鉄の
5倍の強度、5分の1の重さの
高機能プラスチック(引用)”

を開発しているそうです。


▼記事はこちら
日本製紙、新素材で「紙頼み」脱却へ
「自動車からおでんまで」セルロース
ナノファイバーに注力

http://nkbp.jp/2w0B9UV


こうなってきますと、いままでの
ガソリン車・鋼材による部品製作
という流れが一気に代わってくる
可能性があります。電気自動車で
部品はCNF(セルロースナノファイ
バー)製、そして給油から充電へ。





どんな時代でもそうですが、今まで
当たり前だった技術や仕組みが一気
に代わることって普通にある
わけです。
過去には電話交換手がいましたし、
洋裁やそろばんも重宝された時代が
ありました。街には普通に写真屋さん
があって、フィルムから現像するのが
当たり前でした。スマホを中高校生が
持つなんて最近の話で、つい20年前は
「大学生が携帯電話持つなんて意味が
分からん」
と言われていたのです。


どんなことでも10年、20年で急速に
変わることが普通にあります。



こんな感じで自動車業界がガラッと
変わっていくとしたら、日本の産業
はどうなるのでしょうかね・・・。
日本は自動車産業だけは大丈夫だと
思っていませんかね・・・?



新しい技術が出るということは、
今までのことが「旧」になると
いうこと。その繰り返しで人類は
進化してきたのです。自動車業界
だけ特別、なんてことは当然無い
と考えるのが普通だと思います。




posted by ごくう at 15:18 | Comment(0) | ただの日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする