2017年05月04日

コントロール思考になるのは「自分の人生に退屈しているから」ということもある




自分の人生は基本的に自分で選ぶ
ものです。自分に選択権があって
自分で責任を負う。これが人生の
面白いところでもあり、つらい
ところでもあります。


ですがコントロール思考に陥って
いる人を見ていると、自分の人生
なのに自分の人生を歩んでいない

ような、そんな人が結構います。


自分の人生を歩んでいない、という
のは、良い意味で他人優先の人生
を送っている、ということでは
ありません。何か心の底から湧き
上がってくるような「人生でやる
べきこと」をやっている人という
のは、良い意味で自分の人生を
他人のため、世のため人のために
人生を使っている、という感じが
しますが、コントロール思考の
人はそういう感じではなく、
自分の人生に退屈しているから
他人優先の人生を送っている
、と
いう感じです。





基本的に自分の人生は自分で選択
できるのに、自分からつまらない
方にばかり目を向け、自分から
退屈するように仕向けているので
す。(もちろんこれは無意識に
行われていることがほとんど
ですが。)


このようなコントロール思考の人を
見ていると、やはり


「ああ、この人は人生つまらない
だろうな〜。」


と思ってしまいます。


一度だけの自分の人生なのに、
他人をコントロールしたり、状況
や結果をコントロールすることに
必死になっている。
本当は自分の
人生を楽しむため、有意義なもの
にするために色々やることがある
のに、それは面倒だからやらない。
あるいは自信が無いからやらない。

その代わり他人(ここでいう他人
とは自分の親や子も含みます)の
コントロールには必死になる。


でもこれは所詮「他人のコント
ロール」にすぎません。いくら
やっても満たされることは無い
のです。





自分の人生に退屈していなければ
他人をコントロールしようなんて
思いません。
自分の人生に退屈
しているということは、自分を
見失っているということ
です。
自分を見失っているのなら、自分
に焦点を当てて自分のことを
キチンと見直さないといけない
のに、それがイヤだから他人や
状況をコントロールすることで
ごまかしているのです。


この状態が一時的なものなら
まだいいでしょうが、この思考
が癖になって常態化してしまうと
自分も周りもどんどんうまく
いかなくなるスパイラルに陥り
ます。自分の人生に退屈して
いる人(=自分の人生を生きて
いない人)が周りをコントロール
しようとしているのですから、
そりゃうまくいくわけがあり
ません。


ですので自分の人生に退屈して
いるな〜、と感じたら、今一度
自分を見直してみる(自分の人生
を棚卸しする)時期なのだ

思います。そして自分を見つめ
直し、本来のやるべきことが
分かり、自分の人生が退屈では
なくなった時、他人や状況を
コントロールしようとは思わなく
なっている(=脱コントロール
状態)でしょう。
一度だけの
人生ですから、どうせなら
こっちの方がいいですよね。




posted by ごくう at 11:07 | Comment(1) | TrackBack(0) | 脱コントロール思考 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする